見出し画像

【持続可能な社会 SDGs サスティナブルビジネスの身近な取り組み】高級チョコレートのある暮らし実現を目指して|チョコレート半額通販「ひとくち」

こんにちは。
ヨーロッパ高級チョコレート専門店の半額で、高品質な美味しいチョコレートをお届けがコンセプトの「ひとくち -HITOKUCHI-」代表の荻曽です。

チョコレートと持続可能な社会への取り組み

先日は、明治さん主催の「サステナブル消費を考える。生産者、購入者、すべての関わる人の幸せが循環するチョコレートライフ」というウェブセミナーに参加しました。

明治さんといえば、産地ごとに4つの味が楽しめる「明治 ザ チョコレート」。今年のリニューアルに合わせて、4種類全部大人買いしましたが、今年のは過去最高に美味しかった!

画像1

個人的なオススメは、ペルー!ピンクのアルパカがめっちゃかわいいんですが、チョコレートは華やかな香りで、とてもリッチな気分になれます。

ちょっと脱線しちゃいましたが、、

セミナーの中では、「Meiji Cocoa Support メイジ・カカオ・サポート」という、カカオ生産地の農家を取り巻く環境を改善することで、カカオ豆の生産を持続可能なものにしていくという活動が紹介されていました。

明治さんはカカオが栽培されている8カ国(ガーナ、ベトナム、ペルー、エクアドル、ベネズエラ、メキシコ、ドミニカ、ブラジル)で、収穫量を増やすための栽培方法や病虫害の管理方法などについて学ぶ勉強会の開催であったり、栽培に必要な苗木の供給センターをつくったりする取り組みを通じて、カカオ農家を取り巻く環境を改善することで、カカオ豆生産を持続可能なものにしていくという活動をされています。

SDGsの取り組み方の身近な例のチョコレートとして、スーパー、コンビニで気軽に買えるなんて素晴らしいですね。

持続可能な社会への取り組みに興味を持ったきっかけ

ぼくは一部上場しているスーパーマーケット資本の商社に新卒で入社したのですが、中国に駐在しながら、雲南省の松茸や、台湾のマンゴー、山東省のりんごや野菜などの、産地と生産工場を開拓し、価格交渉や品質・納期管理をする仕事をしていました。

画像2

山盛りの松茸!農家さんから集めた松茸をサイズごとに選別します。

画像3

松茸の産地はものすごい山の中にあるので、山道を走ると、ピカピカに洗車していた車もドロドロに。高度3,000m~4,000mの場所を走ります。

当時はスーパーマーケットが直接産地と取引することで、高品質なものをお手軽な価格で販売することが、大きなミッションでした。

しかしながら、農作物は自然のものなので、雨が多い・少ない、天候が暑い・寒い、そして台風といった、人間ではコントロールできない要因で、価格が高くなったりすることが、とても多かったです。

1ヶ月で3回も台湾に台風が直撃したときなんかは、マンゴー畑がぐちゃぐちゃになってしまい、産地はとても悲惨な状態でした。

画像4

台湾のマンゴー畑で、農家さんと。虫がつかないように、1個1個ていねいに袋でおおっています。

そういう時に、「農家支援」といって高い価格で農作物を仕入れてあげられれば良いのですが、日本で販売するには世間の「相場」というものがあるので、通常の価格よりも高く販売することは、ビジネスとしてとても難しく、「農作物の価格が高ければ、仕入れない」という判断をしないといけないことが、たくさんありました。

このような原体験から、ぼく自身が起業してビジネスをするときは、単に安く仕入れて高く売る商売ではなく、産地の農家さんも、買ってくださる消費者も、どちらにもメリットがある商売を組み立てたいという想いを、強く持っていました。

フェアトレードから一歩進んだ取り組みをしているDari K(ダリケー)さん

ぼくたち「ひとくち -HITOKUCHI-」では、インドネシアで、カカオの栽培や発酵指導などを通じ、カカオ農家と協業して商品価値向上と、カカオ農家の収入向上の両立に取り組む、Dari Kさんの高級チョコレート原料をメインで使用しています。

画像5

ぼくがちょうど「ひとくち -HITOKUCHI-」を立ち上げるために商品開発とテスト販売を繰り返していた時に、Dari K代表の吉野さんを幸運にもご紹介いただいたのが、Dari Kさんとのお取り組み開始のきっかけです。

Dari Kさんは、単に高くカカオを仕入れるのではなく、カカオ農家がより付加価値の高い商品づくりができるよう、現地に会社を作り、社員を派遣して、農家さんと一緒にものづくりをされていて、ぼくもチョコレートを販売するなら、きちんと農家さんに還元できる形が良い!と強く思い、お取り組みを決めました。

高級チョコレート原料を作ってくださっているDari Kさんと、カカオが美味しいチョコレートになるまでのストーリーをお話頂いた対談を記事にしていますので、もっと詳しく知りたい方は、ぜひ下記よりご覧ください。

ぼくたち「ひとくち -HITOKUCHI-」では、Dari Kさんの高級チョコレート原料を使い、5つ星ホテルのチョコレートを手掛けていた職人が手作りする、心地よい余いんの美味しいビターチョコレートを、ヨーロッパ高級ブランドの半額という価格でお届けしています。

日本ではフランスの2~3倍の価格で販売される傾向にある高級チョコレートを、もっと日々の暮らしのたのしみとして味わって欲しい、という想いで「ひとくち -HITOKUCHI-」を立ち上げました。

少しでも興味を持って頂けたら、下記の公式通販サイトをぜひご覧ください!

▽【連載】SDGs・サステナブルな商品の必然性。サステナブルな暮らしになるブランドの取組とは|フードパッケージ 梱包 袋編▽

▽高級アーモンドチョコ好きの方にオススメ!高級アーモンドチョコレートと高級ピーカンナッツチョコレートのセット ▽

公式SNSのフォローも、よろしくお願いします!

LINE@hitokuchi_jp
Instagram@hitokuchi_jp
Twitter@hitokuchi_jp

この記事が参加している募集

おうち時間を工夫で楽しく

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!とても励みになります!
6
"普段使いできるじぶん用高級チョコレート"がコンセプトの「ひとくち - HITOKUCHI -」🍫 公式通販サイト→ https://hitokuchi.co.jp 最高のくちどけと、心地よい後味。食べきりサイズの個包装。輸入チョコ専門店の半額というお手軽価格。