マガジンのカバー画像

Haniko の「お金・働き方・リカレント(学び直し)」

40
「人生100年時代をどう生きようか?」とHanikoが普段考えていることを、このマガジンに集めています。Hanikoの履歴は、子育て専業主婦から会社経営まで様々経験したファイナン… もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

『三千円の使いかた』はお金を通じて家族の絆をほっこり感じる一冊でした

どれどれ、三千円の上手な使いかたを教えてくれるなら読んでみようか! そんな節約主婦気分で…

Haniko
2か月前

キャリアプランで悩んだら偶然も活かす心の準備をしてみてはいかが?

人生100年時代となると、将来のキャリアを考える機会がますます増えそうです。 いまや就職活…

Haniko
1年前

自己表現の呪縛を捨て、人の役に立つという軸で自分をマーケティングしてみる

「自分の特技や経験を生かした仕事をしたい!」 このような思いが強くなると、自分の持ち味を…

Haniko
1年前

あなたが会社を休めない本当の理由

「連日の残業で疲労困憊・・・、 今日は体調も良くないし、会社休みたいなぁ・・・」 (´;ω;…

Haniko
1年前

【祝・新社会人】初任給からちゃんとお金を貯めたいと考えている人へ

「初任給」 新社会人となる4月。 仕事に緊張し会社にもやっと慣れてひと息ついた頃に・・ふと…

Haniko
1年前

本を出版したい!実績コネなし状態からビジネス本を商業出版するまでの私の体験談

約3年前に、私はある出版社さんから自分の本を出版する機会をいただけました。 子どもの頃から…

500
Haniko
1年前

雑誌の連載を引き受けてから大切にしてきたことの振り返り

『Hanikoさん、原稿をお送りいただきありがとうございます。 今回の内容は連載最終回の締めくくりとしてとてもよいですね。 では後ほど校正をお送りいたします。 最後までよろしくお願いします。』 出版社の担当者さんからのメールの内容を確認して、私は大きく伸びをしました。 「あ~、やっと終わった!これで一息つける~!」 (^_^;) 昨年春より、金融機関向けビジネス雑誌への連載を引き受けて記事の寄稿をしていました。 記事の分量は見開き2ページほど(文字数は1500文字)ですの

スキ
70

もし宝くじ高額当選の夢が叶わなかったら次の手として考えてみる複利運用

師走に入ると大忙しであっという間に時間が過ぎていく感じがします。 仕事のめどをつけ、クリ…

Haniko
1年前

プライベートシーンでの自己紹介のコツは自分の未来を語ること

仕事上で初対面の相手と名刺交換をしながら名乗り合うことはよくあると思います。 会社名と役…

Haniko
1年前

成功する家計簿のコツは下準備と継続するしくみ作り

年末になると本屋さんには「家計簿コーナー」ができますね。 新年度から気持ちを新たに家計簿…

Haniko
1年前

怠け者のくせに失敗したくない私の「動画デビュー」

「まあ、このような時勢ですので、今後の研修は動画収録で行きたいと思います。Hanikoさん、よ…

Haniko
1年前

夫婦でお金の価値観が違うというストレスを感じたらどうすればいいか?

結婚をすると避けて通れないのが「お金の話」です。 独身時代は自分の収入を好きなように使え…

Haniko
1年前

投資のプロがお金より大切にしていることを教えてください『投資家みたいに生きろ』

本のタイトルに「投資」と書いてあると 「なんか難しいことが書いてあるんじゃないかな?」 な…

Haniko
1年前

あなたの思考アイデアメモは活用する準備ができていますか?

仕事や日常生活の中で、頭に閃いた思考やアイデアをメモに取って残している人は多いと思います。 ふと湧いたアイデアをメモに取っておくと、それを活用して発想を展開したり、新しいビジネスすら思いつくこともあるでしょう。 私もアイデアがひらめいたときにはメモを取るようにしています。 しかし、アイデアを書き出してしまうとホッとしてそのまま数か月放置していることが多々あります・・。 みなさんもせっかく書き溜めたアイデアメモが、「つん読状態」になり紙のノートやメモアプリに滞留していませ

スキ
42