見出し画像

【あと7日間】目隠しテイスティング開催中! あなたの舌で、Blancを見つけてください。

こんにちは!白ワインのように軽やかな日本酒こと、Blanc(ブラン)です。まだ開発中の身で、いわゆる一般販売はされていません。が、です。人に飲んでもらうことで、教わることがあまりに多いことに気づき、試飲会の開催をあちらこちらにご相談。そして前回のnoteで、【突然ですが】と街中へと飛び出したのです【ここまでのあらすじ】

なんとか試飲会の開催にこぎつけ数週間。「ほのかな甘味とフルーティなかおり」「味わいだけでなく、アルコール度数もやさしい」「和食以外も、美味しくなる」と、自称ではありますが、ほぼ前例のないキャラクターなもので、試飲でみなさんにどう受け止められるか興味津々でして、じっとしてはいられませんでした。「どんな感じでしょうか?」の言葉を胸に向かったのは「Pizzeria&Osteria Lumino」さん、カタカナデイウト「ピッツェリア&オステリア ルミーノ」サンデス。

ここで本題に入る前に今回の試飲の企画についてのご紹介を。「白ワインのように軽やかな・・・」と名乗るわたしBlancなのでということで、3行ほどお目通しください。

<目隠しテイスティング 〜 Finding Blanc 〜>

銘柄を伏せた3つのグラス(Blanc+白ワイン2つ)を試飲して、
Blancを当ててください。     

他のワインも一緒に楽しめて、正解できれば鼻高々な、 目隠しテイスティングです。

そして話は再び「Pizzeria&Osteria Lumino」へと戻ります。オーナーシェフの濱田さんがお店のリストより選び、Blancの横に並べたのはトレッビアーノとシャルドネ。この2つが選ばれた理由は、Blancと性格が近いからとのこと。つまりテイスティングとしては難し目のハードル設定。そしてもちろん濱田さんは、グラスに注ぐところは見せてくれません。香りは大きなヒントになるものの、やはりファイナルアンサーを下すのは舌です。

濱田さんによると「だいたい当たりますよ、当たらなかったら当たらなかったで盛り上がってますね。やっぱりBlancの存在が目新しいので、テーブルについて最初にオーダーされる方が多いです。■■■る▲▲▲▲に気がつくかどうかかな」。味(■■■)や香り(▲▲▲▲)についてのレスポンスもたくさん聞かせていただきましたが、これからトライされる方もいるかと思うので、ここでは伏せ字、詳しくはまた別の機会に紹介させていただければです。

外国人観光客の方にお出しする日本酒として、     いいかもしれない。

「いま日本酒って、SAKEという言葉で世界に知られてきていて、わたしのお店はイタリアンなんですが、日本酒を飲んでみたいという外国のお客様はけっこういらっしゃるんですよね。だからそんな時にオススメできるような日本酒を探していたんですけど、Blancは、そんなシチュエーションにもすごくはまりそうです」「洋食との合いがいい。個人的にはバルサミコ酢をかけた豚肉とはマリアージュな関係になると思う」濱田さんのお話しは続きます、どれも研究室に引きこもっていては思い至らぬ話ばかりです。やっぱりお酒は、飲んでみないことには分かりません。

都内5店舗で、                  今週末2/22(金)までお試しいただけます。    

いいことずくめの目隠しテイスティングをお楽しみいただけるのは、「Pizzeria&Osteria Lumino」さんだけではありません。下記にある計5店舗で開催しています。期間はもうカウントダウンが始まっていますので、どうぞお気をつけください。

開催期間
1/21(月)〜 2/22(金
ESOLA 渋谷
東京都渋谷区神南1-20-4 VORT渋谷kaleido2F
https://r.gnavi.co.jp/3y93f9hp0000/

炭焼ステーキとワイン BEEF UP TOKYO
東京都中央区京橋3-6-18 東京建物京橋ビルB1
https://r.gnavi.co.jp/5tja7m8d0000/

Pizzeria&Osteria Lumino
東京都千代田区麹町 3-7-9 センダビル1F
https://r.gnavi.co.jp/b121101/

びすとろ MASA 大門浜松町
東京都港区芝大門2-1-1 第2境野ビル2F
https://r.gnavi.co.jp/g989602/

Meat&Oyster 渋谷 Kairi
東京都渋谷区道玄坂1-11-1 第二大番ビル203
https://r.gnavi.co.jp/gash901/

目隠しテイスティングの組み合わせは、各お店のオリジナルセレクトなので、一度トライされた方も、他のお店でもういちど、新鮮な感覚でお楽しみいただけます。

ちなみに正解できなかった方のパターンとしては、「香りをかぐ、ちょっとづつ飲む、あたりをつける。確認でもう一周、二周、三周。ゴクリゴクリゴクリ。あれ?なんだか酔ってきちゃっちゃっちゃっ。あはは」という方が多かったそうです。分かります。お酒美味しいですもんね。楽しいですもんね。不正解でも、美味しく飲んでいただければ、結果◎です。お待ちしています!





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2
ブランと読みます。ほどよいアルコール度数で、洋食との相性のいい、やさしい日本酒。どこでも誰とでも友達になれるタイプです。ちなみに苗字は白鶴です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。