見出し画像

就職活動とは…

ひろしま県民電力

こんにちは。ひろしま県民電力の中の人間です。
Twitterのタイムラインになぜか新社会人になるために就職活動をしている、学生さんがたくさん出てきてびっくりしているところです。ということで、この現象に肖って、自身の経験を振り返りながら、今回は【新社会人の就職活動】について、思ったこと感じたことなど、お届けできればと思います。
ちなみに余談ですが、私は、19卒の人間で、新卒で企業の採用をサポートする会社に務めておりました。今では全く畑違いの業界にいます。既に転職は2回しております。(読んでいただける方が増えた時にでも、具体的な経験などお伝えできればいいな、と思っています)

一体、なんなんだ君(就職活動)は!

私は「就職活動」を、かなり重要なものだと理解しています。
急ですが、質問です。
【「大学受験」「就職活動」「結婚」の中で最も重要なのはどれだと思いますか】【それを選んだ理由はなんでしょうか】
皆さんは、何を選びましたか?
実はこの質問、私の恩師からされた質問のうちの1つです。
答えは、「就職活動」です。
なぜか。「就職活動」は『自身のレベルを決めるタイミング』と『自身の方向性を決めるタイミング』どちらも含まれるからです。
この2つの軸で見ると、一般的な場合は、
「大学受験」は『自身のレベルを決めるタイミング
「結婚」は『自身の方向性を決めるタイミング』と分類できます。
そんな「大学受験」と「結婚」が同時に来るようなイベント、今後ありますでしょうか。
「就職活動」がしんどくて、大変な理由がわかりましたね。(万歳)

解っていてもコントロールできない

(ここからお酒入った状態で書いてます)
そんなこんなで、結論まで寄り道をしてきましたが、何が伝えたいかやっと言わせていただきます。シンプルです。
『絶対に逃げるな。戦え、自分と。』
これだけです。結局は、「就職活動」というものは、自分との戦いだと思います。(企業に必要とされる人財…!などと思っちゃいますが、大前提、みんなこの世に必要だから生まれてきてます。)じゃあ、自分にはどんな強みがあるのか、何ができるのか、何が得意で何が苦手なのか。それを知る絶好のチャンスだと思います。(なんかいい感じになってきましたね!!)
ところがどっこい、「大学受験」で一夜漬けが通用しないように、
「結婚」で相手がすぐ見つからないのと同じように、
その一瞬だけ頑張ってもあまり意味がありません。(無念)
やはり、事前準備というものが必要です。
私も大学2年生から就職に向けて色々と準備をしたものです。ああ、懐かしい。

先に楽するか、後に楽するか

思い出話はさておき、大学生から社会人になるタイミングの「就職活動」は、しんどくても耐えて耐えて、自分の心地よく働ける会社や、尊敬できるような先輩を探した方が良いです。また自分が成長できるようなことへもしっかりと時間を割くことをお勧めします。最後の最後まで諦めずに食らいついてください。
私の経験上、ここを踏ん張っておくと、次の「就職活動」いわゆる、転職活動というものがかなり楽になります。(もちろん、社会人になってからも成長を止めようとしないでくださいネ、成長したい方は。)
意外と、影で頑張っていることとかは、見る人が見れば解ってもらえます。
世の中も意外と捨てたもんじゃないです。

旅路

お酒も飲みながら今回の記事、書いているため、着地点を綺麗に失っております。が、「就職活動」についてはそれなりに書けたかなと思うので、今日はこれくらいにしたいと思います。
成長というワードも出てきましたが、またこれについても私の思うところを書けれたらなと思っています。
今回もまた長文になってしまいましたが、お付き合いいただき有り難うございました。今回の旅路、楽しんで過ごしていきましょう。それでは。

この記事が参加している募集

企業のnote

with note pro

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!