見出し画像

尊厳と威厳

尊厳と威厳の違いについてお話します。

尊厳とは尊く犯しがたい事、神様の尊称などに用いられます。

では威厳とは何でしょう。

威厳とは近寄りがたいほど堂々としておごそかなこと。

江戸時代の武士や大名などが放つ、近づきがたいオーラのようなものをイメージです。相手を威嚇するためにいかめしく放つのが「威厳」です。

「尊厳」と「威厳」について簡単に説明しますと、「尊厳」は「神様や気品溢れる犯しがたいもの」にたいして使用しますが、「威厳」は身分の高い人を厳しむことに使われる場合が多く、「尊厳」の意味のなかに「威厳」が含まれていることが多いです。

威厳が全くないような人でも尊厳を保つことは出来る

一方で、「尊厳死」など「威厳」のあるなしに関わらず「尊厳」という言葉が成り立つこともあります。

最近ではネットマナーとして立場関係なく、相手の尊厳(dignity)を保てとよく言われます。

この英語のdignityはもとは「王政に対しての威厳」のような意味で使われていたのですが、「品格」の含意も意味しています。

たまにネット上で「威厳」に満ち溢れたまま、一方的に会話をまくし立てる人がいますが、これではいくらありがたいお話をされても、「尊厳護持」に繋がるかといえば、これは全くの間違いで、こんな人には現実でもオンラインでも近づきようがありません。

「尊厳護持」には立場を超えたdignity(尊厳)に現場が納得し、最終的に共感するような「ブランディング」が必要です。

厳めしげに物言いをするのではなく、どこまでも謙虚な振る舞いを行うのが近道であると思います。

尊厳と威厳はまったく別

しかし、殆どの人がネットで「威厳」の殻を被ったまま、「尊厳」について広報しようとするものですから、社頭講話もほとんど上手くいきません。

巫女さんはそのあたり上手いなぁと思います。

僕も見習おう。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

読んでいただいてありがとうございます。 感想と一緒にRTやシェアをしていただいたらうれしいです。

\(^o^)/
3
山口県在住。 歴史関係や伝統文化、プライベートなど「雑談に使える記事」を目指して纏めています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。