見出し画像

『マチネの終わりに』第七章(10)

 ただもう、自然に忘れるに任せて、洋子のことは考えないようにしていた。彼女の急な心変わりに対しては、「なぜ?」と問う気持ちが長く尾を引いたが、早苗との結婚生活にその反復を持ち込むことは不誠実だった。今、意味があるのは、洋子に愛されなかったという事実ではなく、早苗に愛されたという事実だった。

 思いがけず長引いて、抜け出せなくなってしまっている音楽活動の休止に、蒔野は絶えず焦燥を感じていた。それは折々、身悶えするほどの苦しみで彼を苛んだが、にも拘らず、ギターを手に取るという、その単純な、唯一の解決方法が、無限に遠く感じられた。

 しかし今、不用意に蘇ってきた幾つかの懐かしい洋子の記憶は、彼に自分の現状をいよいよ耐え難く感じさせた。

 蒔野は、武知が口を噤んだ折を見計らって、また日本語で語りかけた。

「良かったら、今度、一緒に何かやらない? 俺も、具体的な目標があった方がいいし。足手纏いにならないように、それに向けてがんばって練習するからさ。」

 武知は、蒔野の思いがけない真剣な、それでいて、どことなく気弱な申し出に、口の中に入れたばかりのチャーハンを飲み込みながら、反射的に頷いた。

「うん、やろうよ! 蒔ちゃんとは、今まであんまり一緒にやったこともなかったし。蒔ちゃんとのデュオなら、レコード会社もCDを出してくれるよ、きっと。」

 武知は、幾らか自虐的に笑って見せたが、先ほどのような皮肉は感じなかった。蒔野は、彼のその屈託のない瞳に、改めて、いい男だなと感じながら感謝して言った。

「そこまでの話になるかどうかはわからないけど、とにかく、やってみるよ。簡単じゃないとは思うけど、気づいたこととかさ、教えてよ。信頼してるから。」

     *

 ニューヨークのトライベッカにある豪勢なペントハウスで、洋子は、もうぬるくなってしまった飲みかけのマティーニのグラスをテーブルに置き去りにして、ソファに移動した。リチャードは、彼女が席を立つのに気づいたが、あとは追わなかった。

第七章・彼方と傷/10=平野啓一郎 石井正信・画

#マチネの終わりに


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
29
小説家。小説『マチネの終わりに』『ある男』、エッセイ『私とは何か 「個人」から「分人」へ』『「カッコいい」とは何か』等。新聞小説『本心』2021年単行本発売!月に1度、平野啓一郎の文章が届く公式メールレター。☞ http://k-hirano.com/mailletter

こちらでもピックアップされています

平野啓一郎|小説『マチネの終わりに』後編
平野啓一郎|小説『マチネの終わりに』後編
  • 219本

平野啓一郎のロングセラー恋愛小説『マチネの終わりに』全編公開!たった三度出会った人が、誰よりも深く愛した人だった―― 天才ギタリスト・蒔野聡史、国際ジャーナリスト・小峰洋子。四十代という〝人生の暗い森〟を前に出会った二人の切なすぎる恋の行方を軸に、芸術と生活、父と娘、グローバリズム、生と死など、現代的テーマが重層的に描かれる。最終ページを閉じるのが惜しい、至高の読書体験。第2回渡辺淳一文学賞受賞作。

コメント (3)
蒔野と洋子とがあのまま別れてしまったという事がショックです。しかもその原因となった三谷と蒔野が結婚したなんて。。。
なんていう運命の悪戯。
別れなくてすむ方法もあっただろうに。
私には先が見えません。
これからどうなるのでしょう?
突発的な衝動で、愛し合っている2人を別れに導いてしまった三谷さんが、結婚してから今日まで、心底幸せだったとは思えません…
平野さん スキ をありがとうございます。
連載は長く続く方が読者としては楽しみが増えていいですよ。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。