平野啓一郎

小説家。小説『マチネの終わりに』『ある男』、エッセイ『私とは何か 「個人」から「分人」へ』『「カッコいい」とは何か』等。新聞小説『本心』2021年単行本発売!月に1度、平野啓一郎の文章が届く公式メールレター。☞ http://k-hirano.com/mailletter
    • 平野啓一郎|音声・動画など
      平野啓一郎|音声・動画など
      • 84本

      JFNラジオ『平野啓一郎のそろそろいい時間』での作品の朗読、『マチネの終わりに』の対談企画などの音声や動画を更新中!

    • 飯田橋文学会 現代作家インタヴュー
      飯田橋文学会 現代作家インタヴュー
      • 12本

      飯田橋文学会+東大図書館+東大UTCPによる現代作家のインタヴュー・シリーズ。ダイジェストは無料、全篇は有料ですー。

    • 平野啓一郎|新書『「カッコいい」とは何か』
      平野啓一郎|新書『「カッコいい」とは何か』
      • 16本

      平野啓一郎が、小説を除いて、ここ十年間で最も書きたかった『「カッコいい」とは何か』。7月16日発売に先駆けて、序章、終章、そして平野が最も重要と位置付ける第3章、4章を限定公開。 「カッコいい」を考えることは、「いかに生きるべきか」を考えることだ。

    • 平野啓一郎|論考集『考える葦』
      平野啓一郎|論考集『考える葦』
      • 5本

      平野啓一郎の最新批評・エッセイ集。文学とは、芸術とは、社会とは、「生きる」とは、何か―― 作家生活二十年の平野啓一郎。『透明な迷宮』『マチネの終わりに』『ある男』執筆時に、作家は何を考えてきたのか。文学、思想、美術、音楽、エンタテインメントから社会問題まで、広範なテーマに亘る六十七篇の論考。

    • 平野啓一郎|創作
      平野啓一郎|創作
      • 3本

      創作に関する諸々です。時々、朗読もしてます。

    • すべてのマガジンを表示
固定された記事

【平野啓一郎の一節週めくり カレンダー2021】8月26日より9月30日までの予約受付/発…

平野啓一郎の小説作品に登場したあの一節がお手元に。 本日8月26日、小説に登場した一節で作…

【夏のKindleフェア】 平野啓一郎の著作から、『「カッコいいとは何か』含むじっくり…

8月7日より8月20日まで、Kindleストア主催の大規模セール「夏のKindleフェア」が始まりました…

考える葦|I-13|「稔りの飽和」の静かな重みーー古井由吉『ゆらぐ玉の緒』

平野啓一郎の論考集『考える葦』(2018年9月発売 / キノブックス)より、『ゆらぐ玉の緒』(…

Webでも読める新聞小説『本心』(平野啓一郎)プロローグ・第1章 全文公開中!

9月6日より平野啓一郎が連載中の新聞小説『本心』プロローグ・第1章を全文公開しています。 …

【『ある男』 オーディオブック発売記念】 著者・平野啓一郎 × 声優・速水奨さん『あ…

このたび、平野啓一郎の小説『ある男』のオーディオブック版が10月30日に発売されることになり…

考える葦|I-20|〝我が事〟としての政治思想史

平野啓一郎の論考集『考える葦』(2018年9月発売 / キノブックス)より、『西洋政治思想史講義…