平野啓一郎|小説『ある男』

115

【『ある男』 オーディオブック発売記念】 著者・平野啓一郎 × 声優・速水奨さん『あ…

このたび、平野啓一郎の小説『ある男』のオーディオブック版が10月30日に発売されることになり…

ある男|23−5|平野啓一郎

城戸からの報告で、彼女の心を最も激しく揺さぶったのは、一通り話し終えたあとの次のような一…

ある男|23−4|平野啓一郎

城戸の報告を受け取った里枝は、この一年余りもの間、失われていた夫の名前が、最終的に「原誠…

ある男|23−3|平野啓一郎

彼女は昔から、読書家という人々に一目置いていて、しかも残念ながら、自分だけでなく、前夫も…

ある男|23−2|平野啓一郎

声変わりもして、近頃では、うっすらと髭も生えてきたようで、死んだ父親の電気カミソリをどこ…

ある男|23−1|平野啓一郎

弁護士の城戸章良と面会した日の三日後、里枝は、このところますます部屋に籠もって本ばかり読…

ある男|22−5|平野啓一郎

伐採して、トラックが出入りできるように開かれたスペースの奥で、オレンジ色の首の長いクレー…

ある男|22−4|平野啓一郎

道は大きくうねっていて、時々視界が開けると、遥か遠くの下方に、先ほど通ったらしい道が見え…

ある男|22−3|平野啓一郎

道中、城戸は、里枝の依頼で「谷口大祐」さんの遺産の処理などを手伝ううちに、林業に興味を持…

ある男|22−2|平野啓一郎

南向きの窓から差し込む太陽の光が、通路を経て、城戸の顔を眩しく射た。それを、機内サーヴィ…