見出し画像

『マチネの終わりに』第八章(18)

 この日も朝から強い日差しが照りつけていて、洋子は汗ばみながら、急いで当日券売り場に向かった。襟元の大きく開いたボーダーのシャツに、膝丈の白いコットンのスカートというカジュアルな格好だったが、メイクには時間をかけた。しばらく短くしていた髪は、また少し伸ばすつもりだった。

 窓口に並ぶ者の姿はなく、却って不安だったが、空席を確認すると、辛うじて二席残っていた。

「よかった! じゃあ、一枚ください。」

 ほっとしつつも、洋子は、蒔野との再会を俄かに現実として実感し、少し胸が苦しくなった。チケットには確かに、「蒔野聡史」という名前が印刷されている。

 チケットを財布にしまって窓口をあとにすると、洋子はすぐ後ろに、妊婦が一人立っているのに気がついた。当日券を求めにきたのだろうか? あと一枚は残っているはずだと、傍らを通り抜けようとしたところで、

「――洋子さん?」

 と声を掛けられた。

 驚いて顔を上げ、一瞬、間があった後に、洋子の眸は張りつめた。

「蒔野です。」

 と、相手は名乗った。

「覚えてます?――以前に一度、サントリーホールでお目にかかりました。あの頃は、旧姓の三谷で蒔野聡史のマネージャーをしてました。二年半前に結婚したんです。」

 洋子は、声を失って、無意識に、もう一度彼女のお腹に目を遣った。

「六カ月なんです、今。やっと子宝に恵まれて。」

「そう、……おめでとうございます。男の子? 女の子?」

「女の子です。」

 早苗の笑顔を見ながら、洋子の脳裏には、あの晩のスペイン料理店の記憶が蘇ってきた。彼女と会ったのは、その一度きりだったが、勿論、忘れられない人だった。

「今日のコンサートのチケット、買ってくださったんですか?」

「ええ、……丁度、長崎の実家に帰省してて、コンサートの情報を見たから。」

「結婚されて、ニューヨークにお住まいだって、伺ってましたけど。」

「……ええ。」

第八章・真相/18=平野啓一郎 石井正信・画

#マチネの終わりに


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
36
小説家。小説『マチネの終わりに』『ある男』、エッセイ『私とは何か 「個人」から「分人」へ』『「カッコいい」とは何か』等。新聞小説『本心』2021年単行本発売!月に1度、平野啓一郎の文章が届く公式メールレター。☞ http://k-hirano.com/mailletter

こちらでもピックアップされています

平野啓一郎|小説『マチネの終わりに』後編
平野啓一郎|小説『マチネの終わりに』後編
  • 219本

平野啓一郎のロングセラー恋愛小説『マチネの終わりに』全編公開!たった三度出会った人が、誰よりも深く愛した人だった―― 天才ギタリスト・蒔野聡史、国際ジャーナリスト・小峰洋子。四十代という〝人生の暗い森〟を前に出会った二人の切なすぎる恋の行方を軸に、芸術と生活、父と娘、グローバリズム、生と死など、現代的テーマが重層的に描かれる。最終ページを閉じるのが惜しい、至高の読書体験。第2回渡辺淳一文学賞受賞作。

コメント (5)
蒔野とわざわざ名乗るところが嫌な女ですね。
また早苗によって引き離されてしまうのでしょうか...胸が苦しいです。
洋子さん、蒔野さんの演奏をまともに聴ける気分ではないでしょ。せめて、演奏会終わってにして欲しかった。洋子さんにはせめて演奏を楽しんで欲しかった。
ですね。人は時に何故か意図したように運命に引き寄せられる。特に運命めいた人に対して。そしてそれは良いも悪いもなく訪れる気がします。あいにくの雨のような、恵みの雨のような。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。