姫崎しう

「小説家になろう」で小説を書いています。(作品→https://mypage.syosetu.com/219508/) 「クラスメイトに殺された時、僕の復讐は大体達成された」が各電子書籍ストアにて販売中です。
固定された記事

なぜ姫崎しうがエッセイを書こうと思ったのか

どうしてエッセイを書こうと思ったのか、どういったものを書く気なのか 皆さま初めまして。主に「小説家になろう」にて小説を投稿している姫崎しうと申します。 2020年5月…

幽霊作家㉜

 ゆめさんが言っていた通り、消印はあっさりもらうことが出来た――自作の小説を製本した記念にというのは恥ずかしかったけれど。  歩いて郵便局から帰る途中、「次はい…

幽霊作家㉛

 買い物から二日後、予定通りプリンターが届いたので印刷を開始したのだけれど、想像以上に時間がかかる。  ゆめさんの家にあった業務用のプリンターが恋しくなるが、も…

幽霊作家㉚

 製本するために必要なものは、流石に家電量販店には無かったので、途中大きい文具店によって家に帰って来た。  今回の買い物で、一番高かったのはコピー機。ゆめさんの…

幽霊作家㉙

 季節も夏に差し掛かって来たこの頃、日差しに当たると流石に暑い。  空を見上げるまでも無く、遠くの山の真上辺りに入道雲も出来ていて、見た目としても夏らしさが出て…

幽霊作家㉘

 目が覚めるとゆめさんがこちらを見ていた。昨夜ゆめさんが家にいる事を了承し、「テレビをつけたまま寝ようかと提案したのだけれど、結局僕はいつものように寝る事になっ…