”初”羽釜ごはん

羽釜には神様がいる。
正確には、火の神様と、お米の神様かもしれない。

羽釜ごはんに
こんなに惚れ込んでしまうとは。

令和元年元日(5月1日)の出来事。
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

頂いたサポートは、畑を借りたり、羽釜ごはんのできる場所を見つるために使わせていただきます。 活動に共感する!応援するよ!という方にサポートして頂けたらとても嬉しいです。

スキありがとうございます♡
1
自然界との共鳴、心や体との共鳴を感じながら、ひかりへ変換させる手のかけ方を「ひかりの種」と表現し、ひかりの種をひかりへ変換させるプロセスを紹介しています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。