最適化社会に向けて
見出し画像

最適化社会に向けて

こんにちは。
スクラムヒューマンパワー代表 日原 達仁です。

私の記事を読んでいただいて、ありがとうございます。

最適化された社会では、
どのような人材が求められるでしょうか?

私は、
1.自立型人間であること
2.グローバルな感覚の豊かなこと
3.創造力のあること
4.良好なコミュニケーション力があること
を兼ね備えた人材だと考えます。

自立型人間とは、常に自分らしくありたいと願い、
意志と目的をもって行動できる人間であることです。

グローバルな感覚とは、情報化が進む現代において、
常に本質を見る目を持つことや、
相手の歴史や文化などを深く理解し、ビジネスを展開できる感覚です。

スクラムヒューマンパワーでは、
外国人の方とのビジネスも始まっています。
創造力。これは仕事の革新と言ってもいいかもしれません。
社内ベンチャー精神を積極的に取り入れるKJ法
プレゼンテーションの機会を導入し、
企業、組織にイノベーションを確立していきましょう。

最後にコミュニケーション力です。
こころの壺に栄養をためていくコミュニケーションを導入しましょう。
具体的には「ストローク」と呼ばれる
コミュニケーションの手法がありますが、
こちらはまた、次回以降お話いたします。

画像1

カントは、「人間は教育によってはじめて人間となる」と言いました。

また、明治天皇は、長きに渡り続いた封建制度を改め、
維新の大業を成し遂げました。近代日本の建設に当たり、
特に教育の普及と道徳の実践について心を砕いていたそうです。
そこで、「教育勅語」「教育に関する勅語」を示したのです。

経済の成長と、人間的成長のバランスを
取らなければならないということです。
最適化された人材をつくる、
これからの人材育成には、次の3つの観点が必要です。

1.働き甲斐と生き甲斐の両輪を廻せる
企業と家庭と地域、関係性が大切です。

2.「ひとりひとり」の視点が持てる
「みんな一緒に」の工業化社会から、
ひとりひとりの視点を大切にする情報 化社会です。
許される範囲で、可能な限り広い選択肢を用意して自由に選択できる、
それを許容できる考え方を持つことです。

3.付加価値を創造できる
効率を重視した人事制度から、
創造性を発揮させる人事制度へ変わらなければなりません。

画像2


働き甲斐と生き甲斐
会社と家庭
労働時間と自由時間
個体と全体
そして、効率と創造

対立から融合へ、最適な人材育成を目指します。
企業と地域、人の融合が最適なバランスであることが求められます。
スクラムヒューマンメソッドの根幹はここにあります。

最適化に向けて、
私たちスクラムヒューマンパワーと人材育成に取り組みましょう!


  


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!フォローもよろしくお願いします!
人に関するお困り事は、スクラムヒューマンパワーにお任せください!「人」「地域」「企業」をつなぐ夢の架け橋となります!求人企業と求職者の橋渡しを行います!人材育成や 農業を通して社会問題の解決に貢献します。 https://lit.link/scrumhumanpower