見出し画像

愛さえあれば

きっとある
心の中には愛が
もしも この世界が悪意に満ちても
愛は消えない

ここにある
自分の中には愛が
いつか この世界が荒れ果てようとも
愛は消えない

この世には愛が足りないと
悲しまないで
あなたの愛が伝わらないと 
悔やまないで

苦しみの向こう側に
嘆きの先に
愛は存在するのだから

これほどの困難を
なぜ神様は
私たちに与えるのだろうと
思うこともあるだろう

愛さえあれば
乗り越えられる
愛さえあれば
くじけない

それは
魔法の言葉

人が忘れてはいけない
最後の言葉

愛さえあれば
私たちは
人であることを忘れずに
生きていけるのだから



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとう!応援してくださるおかげで頑張れています。
31
作家。著書「自閉症の僕が跳びはねる理由」「自閉症の僕が跳びはねる理由2」「跳びはねる思考」「あるがままに自閉症です」詩集「ありがとうは僕の耳にこだまする」「自閉症の僕の七転び八起き」他多数。 東田直樹オフィシャルサイト https://naoki-higashida.jp/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。