見出し画像

寂しがりやの星

すっかり日が暮れたあと 

僕は夜空を見る

そこには 星が ひとつふたつ・・・

きらきらとまたたいて

僕に合図を送ってくれる

「ねっ きれいでしょ」

「ねっ きれいでしょ」

僕が「うん」と返事をするまで

何度でも星は僕に話しかける

みんなが寝静まったあと

星が僕を起こしに来た

「さよならだよ もう さよならだよ」

少しだけ明るくなった空に

星はとけていく

ほんの少し離れるだけなのに

寂しがりやの星は

いつでも僕に合図を送る


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

どうも、ありがとうございます。千葉では、もう菜の花が咲いています。
30
作家。著書「自閉症の僕が跳びはねる理由」「自閉症の僕が跳びはねる理由2」「跳びはねる思考」「あるがままに自閉症です」詩集「ありがとうは僕の耳にこだまする」「自閉症の僕の七転び八起き」他多数。 東田直樹オフィシャルサイト https://naoki-higashida.jp/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。