新しい一日
見出し画像

新しい一日

東田直樹  (ひがしだなおき)

見慣れている風景も、時に輝いて見えることがあります。
心境の変化なのか、体調の影響か、お天気のせいなのかはわかりません。

何となく、いつもと違う、そんな風に思い込むだけでも、目の前に広がる世界は、昨日まで自分がいた世界とは、違うような気がするものです。

この世界の隅っこで生きている。そうとらえれば卑屈になり、
世界の中心で生きている。そうとらえれば尊大になるのが人間です。
それなら、どのあたりで生きていると思えばいいのでしょう。

世界はこんなに広いのに、自分の居場所がわからない。
どこかに行きたいのに、どこにも行けない。

それでも希望を捨てないでください。
同じ場所で生きていても、人の目に映る世界は、一日たりとも同じものはありません。

今いる世界で生きていく。
さあ、新しい一日の始まりです。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Thank you !
東田直樹  (ひがしだなおき)
作家。著書「自閉症の僕が跳びはねる理由」「自閉症の僕が跳びはねる理由2」「跳びはねる思考」最新刊「世界は思考で変えられる自閉症の僕が見つけた「いつもの景色」が輝く43の視点」が発売中です。 東田直樹オフィシャルサイト https://naoki-higashida.jp/