見出し画像

久しぶりに雪のお山を散歩して、いくらか写真撮ってきたよ!というお話。

車を買い替えて、4WDでスタッドレスタイヤを履いてるから、せっかくだから雪のあるところに行こう!と思い立ったのはいいものの、ではどこにいこう?といろいろと悩んだ結果、割合気軽に行けそうな霧ヶ峰方面に行ってきました。
他の候補としては、奥多摩、山梨、北関東なんかも考えたんだけど、ほどほどに雪があって長距離歩かなくてもいいところ、というところでここら辺にしてみました。
朝っぱらから愛車のRAIZEくんで中央道をひとっ走り。霧ヶ峰は車山の登山口の駐車場に着いたのは午後というか、夕方近く。登山口までの山道はもちろん氷点下の気温だけど、暖冬と言われてるだけあって雪は少なめだけど、道路はカチンコチン。何年振りかにこういう道を走るので、ツルッ!と行かないようにちょっと心配だったけど、卸したてのタイヤBLIZZAK VRX2は滑る気配なし。まぁ、安心の石橋さんでしたよ。
天気の状況を確認して、特に問題なさそうだったので登り始め。登山道の状態はどうかなぁ?と思ったけど、すこぶる良好!新雪が積もってるわけでもなく、かと言ってガチガチに凍ってるわけでもなく。傾斜も小さいので、アイゼンも何も付けずに登れてしまいました。


画像1

◇Canon EOS R + Carl Zeiss Planar T* 1.4/50 ZE (ISO100 f/2.8 1/2000sec)

画像2

◇Canon EOS R + Carl Zeiss Planar T* 1.4/50 ZE (ISO100 f/2.8 1/1600sec)

まぁ、山頂はこんな感じで、それほど雪は多くなく、天気もほどほどに良くて、気持ちよかったです。
帰りの下りは勢いがついてツルッとすると危ないし、せっかくだから何年かぶりにアイゼンを履いて、のんびり歩いてました。ちょうど日が沈む頃に下り始めましたが、満月の十分な明かりもあって、特に焦ることもなくのんびりのんびりと。
ほとんど人に会わなかったし、眺めはいいし、光はキレイだし、とても清々しいところでした。

画像3

◇Canon EOS R + Carl Zeiss Planar T* 1.4/50 ZE (ISO200 f/5.6 1/200sec)

霧ヶ峰はそれなりの車で登山口まで行ければ、誰でも登れるとてもキレイなところで、気軽に雪道を歩くにはちょうどいいお山でした。まぁ、標高もあるので寒いは寒いですけども。それでも、-10℃程度ですので、少し厚着すれば大丈夫!歩いているうちに暑くなるし。ただ、お天気と時間には気を付けましょう。月明かりがなければ、日が沈むと真っ暗ですからねぇ。

で、まぁこんな感じで写真を撮ってきたんですけど、機材は一式のみ。EOS RとPlanar 50mmだけでした。いちおう三脚は持って行っていますが全て手持ち撮影です。撮影時の設定も書いておきましたが、絞りは積極的に開ける方向で。PLフィルターもNDフィルターも使っておりません。
多分、風景写真の写真教室なんかでは、三脚を使って構図を固めましょう!ある程度絞り込んでパンフォーカスで!みたいな事をするのでしょうか。
自分のやり方は全く逆を行っていますね。写真歴数十年のおじさまに怒られそうです。レンズも、EF24-70mm F2.8L II USMとか、RF24-70mm F2.8 L IS USMでもないし。

まぁ、理由は単純です。こういう機材でこういう風にこういう写真を撮りたかったから。自分が思った通りに撮りましょう。自分の写真なんだから。それだけ。

さて、次はどこへ行こう?

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます。よろしければシェアもお願いします。
4
写真撮ったり、歩いたり、登ったり、車を転がしたりしています。