震災遺構門脇小 開館2カ月半で1万人 節目来館は県外グループ
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

震災遺構門脇小 開館2カ月半で1万人 節目来館は県外グループ

石巻Days(石巻日日新聞社公式)

 震災遺構として石巻市が整備した旧門脇小学校が19日、一般公開が始まった4月3日以降の累計来場者数が1万人に達した。愛知県、岐阜県、神奈川県などに住む親戚6人グループが節目の来場者となり、齋藤正美市長やリチャード・ハルバーシュタット館長から記念品として缶詰や菓子類が贈られた。コロナ禍でも県内外から震災を学びに訪れる人は多く、施設では今後も広く来場を呼び掛けていく。

 1万人目は岐阜県に住む任用職員の幸村奈美子さん(45)をはじめ、愛知、神奈川、宮城に住む40―70歳の嫁、姑関係の親戚一同。宮城県内の伝承施設を巡る旅行を企画し、18日に、気仙沼市内の伝承施設や美術館を見学し、19日は松島観光前に石巻市を訪れた。本来震災遺構大川小を訪れる予定だったが、門脇小学校に切り替えたところ、節目に当たったという。

節目の来場者に記念品が贈られた

 エントランスで出迎えた齋藤市長は「津波とその後の火災を伝える他にない施設であり、未来へ命をつなぐ場所。後世に伝えながら防災教育を徹底していく」と記念品を手渡した。幸村さんは「まさか1万人目になるとは驚いている」と語り、校舎内を見学して「子どもたちが震災時、荷物などを置いてすぐ逃げたのだと思えた。それは命を守る行動そのもので、それだけ危険が差し迫っていた状況だったのだと伝わってきた」と思いを寄せた。

校舎内を見学し、11年前の状況を目のあたりにした

 仙台市青葉区の主婦太田正子さん(67)も「震災後に一度門脇小を外から見たことがあり、当時の真っ黒な状態の学校と周囲の被災跡地が印象に残っている。11年が経過し、周辺がきれいになっていて復興を感じたが、校舎内の焼けた教室を見てすぐに時間が戻った」と語った。

 リチャード館長(56)は「施設を見た人たちから高い評価をいただいている。特に命とは何かを考えさせられるという意見が多く、国内における今後の防災意識につながっている。1万人は最初の一歩。全国民に見ていただけるようまずは100万人を目指したい」と意気込んだ。

 同施設は1日平均160人が来場し、平日で96人、休日で250人が利用。黄金週間には1日800人が来場した。【横井康彦】





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
石巻Days(石巻日日新聞社公式)

最後まで記事をお読みいただき、ありがとうございました。皆様から頂くサポートは、さらなる有益なコンテンツの作成に役立たせていきます。引き続き、石巻日日新聞社のコンテンツをお楽しみください。

スキありがとうございます!
石巻Days(石巻日日新聞社公式)
宮城の地域新聞社が運営しています。日刊「石巻日日新聞」、月刊「情報誌んだっちゃ」、季刊「おとなDAYS」から、地元はもちろん、全国の方にも知ってほしい地域の話題や、とっておきの過去記事を発信します。お客さんを連れて行きたいグルメページも盛りだくさん!ぜひぜひフォローしてください。