石巻駅、萬楽堂コラボ 記念あんぱん3両編成 21日に100個限定販売
見出し画像

石巻駅、萬楽堂コラボ 記念あんぱん3両編成 21日に100個限定販売

石巻Days(石巻日日新聞社公式)

 JR石巻駅(後藤謙次駅長)と老舗パン屋の萬楽堂(高橋美江社長)=石巻市立町二丁目=がコラボレーションし、鉄道開業150周年と石巻線開業110周年を記念した「3色あんぱん」を開発した。21日午前10時から駅前にぎわい交流広場で開かれる「三陸地域マルシェ」で限定販売される。

パッケージデザインは駅職員の菅野さん(右)が担当

 コラボパンは同駅が萬楽堂に企画を持ちかけて実現。3月から商品開発を始め、意見交換を重ねてきた。通常は三角形になる三色あんパンを、車両に見立て横長に3つ連結。それぞれ、つぶあん、ずんだあん、さつまいもあんを入れた。

 パッケージデザインは、同駅職員の菅野茉優さん(26)が石巻線の車両である「キハ110系」をモチーフに描いた。おまけとして付属するキーホルダーも職員手作りだ。菅野さんは「石巻を知ってもらい、足を運んでもらうきっかけ作りになれば」と話していた。

 価格は税込250円で、マルシェではあんぱんとキーホルダーのセットで100個限定販売。後藤駅長は「駅は市街地の顔。まちなかの皆さんと一緒に発展していければ」と話し、高橋社長も「甘さ控えめのスッキリとしたあんで、幅広い人が楽しめるパンをぜひ味わってほしい」と販売日を心待ちにしていた。【渡邊裕紀】





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
石巻Days(石巻日日新聞社公式)

最後まで記事をお読みいただき、ありがとうございました。皆様から頂くサポートは、さらなる有益なコンテンツの作成に役立たせていきます。引き続き、石巻日日新聞社のコンテンツをお楽しみください。

スキありがとうございます!
石巻Days(石巻日日新聞社公式)
宮城の地域新聞社が運営しています。日刊「石巻日日新聞」、月刊「情報誌んだっちゃ」、季刊「おとなDAYS」から、地元はもちろん、全国の方にも知ってほしい地域の話題や、とっておきの過去記事を発信します。お客さんを連れて行きたいグルメページも盛りだくさん!ぜひぜひフォローしてください。