三陸道12月18日全線開通 仙台-八戸間359キロ 沿岸の高速道路網完成へ
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

三陸道12月18日全線開通 仙台-八戸間359キロ 沿岸の高速道路網完成へ

 国交省東北地方整備局三陸国道事務所などは19日、三陸沿岸道路の譜代-久慈間(岩手県)を12月18日午後3時に開通させる、と発表した。これにより三陸道は、仙台市から青森県八戸市まで約359キロに及ぶ全線が開通することになる。

 三陸道は三陸縦貫自動車道、三陸北縦貫道路、八戸・久慈自動車道からなる総称。東北太平洋側の3県をつなぐ。国が東日本大震災後の復興道路「三陸沿岸道路」として整備を加速し、今年3月に宮城県内の全線が開通した。岩手県側でも整備が進み、八戸までの全線開通へ譜代-久慈間の25キロを残すだけとなっていた。

 震災前は全体の3割に当たる160キロの開通で、仙台市から八戸市の各市役所まで約8時間35分を要していたが、全線開通後の所要時間は5時間13分となり、約3時間20分の短縮になるという。石巻市から八戸市までは約4時間と見られる。

 三陸道は鳴瀬奥松島-八戸是川インターチェンジ間が無料区間。全線開通により災害に強い交通ネットワークが構築されるほか、水産加工業の流通促進や地域観光の振興が期待される。

 復興支援道路として、沿岸の三陸道と内陸の東北道を横につなぐ高速道路ネットワークも完成する。宮古市-盛岡市を結ぶ宮古盛岡横断道路が今年3月、釜石市-花巻市間の東北横断自動車道釜石秋田線がおととし3月に開通した。

 宮城県内では登米市-栗原市間のみやぎ県北高速幹線道路の佐沼工区が12月17日午後1時30分に供用開始され、全線開通する予定となっている。
【熊谷利勝】


現在、石巻Days(石巻日日新聞)では掲載記事を原則無料で公開しています。正確な情報が、新型コロナウイルス感染拡大への対応に役立ち、地域の皆さんが少しでも早く、日常生活を取り戻していくことを願っております。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます!
石巻日日新聞社が運営する「石巻Days~未来都市の生き方~」はインターネットの世界でも石巻を感じてもらうウェブマガジンです。未来都市「石巻」での生き方や様子を地元の皆さんへ向けて発信しています。