新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

復旧復興 変わりゆく地域の中で 震災犠牲者に届ける夏の便り

 石巻地方の最大の祭りである今年の「第97回石巻川開き祭り」は新型コロナウイルスの影響で行事関係が中止となった。小学生の鼓笛隊パレードや孫兵衛船競漕など、港町ならではのイベントもなくなり、本来、にぎわうはずの7月31日、8月1日はまちなかを歩く人の姿もまばらだった。

 川開き祭りのメーンと言えば花火大会。今年は祭りも中止が相次ぎ、花火を目にする機会もなくなった。川開き祭りは東日本大震災からの復旧、復興とともに犠牲者への鎮魂と未来に向けた歩みを表現する一大行事。震災があった年も中止することなく開催した石巻川開き祭りの花火大会に焦点をあて平成23年から昨年までを振り返ってみた。

【是非、写真をクリックまたはタップして全画面でお楽しみください】

画像2

平成23年
震災直後の川開き祭り。慰霊と鎮魂の空気に包まれる中、花火が空を焦がし、亡き人たちに夏の訪れを告げた


画像2

平成24年
市街地が見渡せる日和山から撮影。多くの人が観賞を楽しむ地元のスポットだ


画像3

平成25年
旧北上川を挟んだ湊地区から。変わっていく町の姿も見える


画像4

平成26年
今はなくなってしまった商店街のアーケードが懐かしい


画像5

平成27年
前年と同じ位置から撮影。アーケードが撤去され、通りの雰囲気も明るさを増した


画像6

平成28年
湊地区に立った復興公営住宅が花火の明かりに照らされた


画像7

平成29年
三度、湊地区側から撮影。築堤に伴い川辺の姿も震災直後から大きく変化した


画像8

平成30年
川辺に設置された有料観覧席から。距離が近く大迫力の花火を楽しめた


画像9

令和元年
湊地区側から。新しく整備された堤防の上には多くの市民の姿があった



現在、石巻Days(石巻日日新聞)では掲載記事を原則無料で公開しています。正確な情報が、新型コロナウイルス感染拡大への対応に役立ち、地域の皆さんが少しでも早く、日常生活を取り戻していくことを願っております



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
6
石巻日日新聞社が運営する「石巻Days~未来都市の生き方~」はインターネットの世界でも石巻を感じてもらうウェブマガジンです。未来都市「石巻」での生き方や様子を地元の皆さんへ向けて発信しています。

こちらでもピックアップされています

石巻日日新聞
石巻日日新聞
  • 282本

石巻市・東松島市・女川町の話題を掲載。地域の歴史や文化、風土や週間などを紹介します。また、東日本大震災から復興へ向かう、まちの出来事も混じえて発信します。無料と有料記事があります。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。