迫る衆院選 高まる緊張 宮城5区 9期目目指す 安住氏 ゼロから挑戦 森下氏
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

迫る衆院選 高まる緊張 宮城5区 9期目目指す 安住氏 ゼロから挑戦 森下氏

 衆議院は来週14日に解散され、各党は19日公示、31日投開票に向けた事実上の選挙戦に入る。石巻地方を含む衆院宮城5区は、連続9期目を目指す立憲民主党現職の安住淳氏(59)、元タレントで自民党新人の森下千里氏(40)が立候補を予定している。公示まで1週間を切る中、両氏とも週末に選挙対策本部の体制を固め、臨戦態勢を整える。

今週末互いに体制固め

 石巻市出身で財務大臣も務めた安住氏は、今年在職25年。現在は国会対策委員長にあり、テレビ、新聞で見ない日はないほど。そんな中でもこの1年、スタッフと手分けして地道にリーフレットを配布するなどしてきた。知名度に加えて強固な組織基盤があり、野党が分裂した4年前も無所属で議席を守った。

211008_安住淳氏

安住淳氏

 党の県連代表でもあり、先日に帰省した際には報道陣に「非自民のネットワークを宮城で構築し、議席の奪還を図る。2012年以来続いた安倍、菅政権が是か否かの選挙」と展望。「震災復興は道半ば。やるべきことがある。強い意志を持って臨む」と語った。

 10回目の選挙だがコロナ下は初。10日に少人数で南中里の事務所で選挙に向けた神事を行い、広い石巻グランドホテルでの選対本部発足式に臨む。

 森下氏は、今年6月の自民党宮城5区支部長就任後、街頭のつじ立ちに力を入れている。元タレントとしての知名度はあるものの、愛知県名古屋市出身であり、この地に縁もゆかりもないためだ。その数は3カ月で約1100カ所1300回を超す。大規模集会はコロナ禍で難しいため、ミニ集会を設けて地域の声を吸い上げている。

211008_森下千里氏

森下千里氏

 「幸せをかたちに」を合言葉に掲げ、産業振興、教育、女性支援を主な政策とし、震災被災者の心の復興にも目を向ける。党関係者のサポートで地域行事にも積極的に参加するなど、若さとフットワークを生かす。森下氏は「ゼロから挑戦させていただいている。今後もつじ立ちを継続し、一人でも多くの方にお会いしていきたい」と意気込む。

 10日は5区支部長・幹事長会議で選対本部の体制を固めるほか、17日午後5時からは石巻グランドホテルで総決起集会を開く。

 宮城5区は石巻地方と涌谷町、美里町、松島町、大郷町、大崎市の旧田尻・旧松山、旧三本木・旧鹿島台町で、有権者数は9月1日現在で25万2841人。【熊谷利勝、横井康彦】


現在、石巻Days(石巻日日新聞)では掲載記事を原則無料で公開しています。正確な情報が、新型コロナウイルス感染拡大への対応に役立ち、地域の皆さんが少しでも早く、日常生活を取り戻していくことを願っております。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます!
石巻日日新聞社が運営する「石巻Days~未来都市の生き方~」はインターネットの世界でも石巻を感じてもらうウェブマガジンです。未来都市「石巻」での生き方や様子を地元の皆さんへ向けて発信しています。