普段は会社員をしています。映画のコラムみたいなもの、素人小説などを書いてみます。 文章・創作のサークルを運営。電子書籍を多数出版しています。 https://amzn.to/2Uf4JDS

文章・創作のサークルです

普段は会社員をしています。映画のコラムみたいなもの、素人小説などを書いてみます。 文章・創作のサークルを運営。電子書籍を多数出版しています。 https://amzn.to/2Uf4JDS

メンバーシップに加入する

文章・創作のサークルです

  • 電子書籍プラン

    ¥180 / 月

    主に電子書籍について聞きたいことなどを質問したい人向けのプランです

    • 活動期間に応じたバッジを表示
  • 通常プラン

    ¥380 / 月

    通常のプランです

    • 活動期間に応じたバッジを表示

マガジン

  • ほっこりとおだやかに

    素敵なクリエイターさんたちのノートをまとめています

  • トピックス(日本)

    素敵なクリエイターさんたちのノートをまとめています。

  • トピックス

    素敵なクリエイターさんたちのノートをまとめています。

  • トピックス(旅行記)

    旅行記です。

ストア

  • 商品の画像

    星空に窒息

    ■「星空に窒息」 小説(短編):小野木のあ ・星空に窒息 ・風船の頃 ・暗闇偏愛日記 ・自販機蹴とばして夏 ・旅客機が腹見せ飛んで行く 短歌:小野木のあ 自由律俳句:小野木のあ 表紙イラスト:小野木のあ   * 「自販機蹴とばして夏」  なにもかも、最低だった。  夢を抱いて上京してから4度目の春、私は実家に出戻った。  22歳。夢も希望も仕事もない。やりたいことなど何もない。息をするのも面倒くさい。時間が過ぎていくのをじっと待つだけの毎日だった。実家に戻ってから一ヶ月の間、私はほとんど自分の部屋から出ず、眠ってばかりいた。  その日は昼過ぎに一度目を覚まし、布団から出てコタツに移動した。家族は仕事や学校に出かけていて、家には私と猫だけだった。私に気付いて近寄ってきた猫を抱きかかえて、そのままコタツに潜り込んだ。猫を撫でている時だけは、気持ちが和らいだ。    そのままコタツの中でうとうとしていると、チャイムの音で目が覚めた。一度は無視したけれど二度目のチャイムで起き上がり、寝間着のまま玄関の戸を開けたがそこにはもう誰もいなかった。起こされた猫はコタツから走り去って行った。まだ眠かったけれど、もう一度コタツに戻る気持ちにはなれなくて、仕方なく着替えて外に出た。  実家は山を削って作られた高台の分譲地にあった。その住宅地を抜けて、畑道をなんとなく舗装しました、といった感じの細い坂道を登っていく。畑の真ん中にある道の途中には、ぽつりぽつりと民家が並んでいる。黙々と歩いていると、右手にある古い一軒家の玄関口に立っている女の子と目が合った。女の子は私に向かって「こんにちは」と叫び、満面の笑みで手を振った。仕方なく私も「こんにちは」と口を動かし笑顔を作った。両頬の筋肉が引き攣る不快な感触がした。私は女の子の視線から逃げるようにして歩くスピードを上げた。  久しぶりに歩く外は、ずいぶん暖かくなっていた。私が眠っている間に春は終わってしまったようだった。風にはまだ冷たさが残っているけれど、青天の日差しは初夏のそれだった。
    580円
    Autumn&Winter

最近の記事

ヨーロッパから補強

現在、文学サークルを運営し、秋の文学フリマ(札幌・東京)に参加予定です。#2022年のライトノベル短編というコンテストも開催しています。 * 文学フリマでは、みんなで作る短編集と電子書籍、ライトノベル短編集、作家による単独書籍(KH1992・藤原佑月・SECLET1・SECLET2)を販売する予定です。 そして、ライトノベル短編が弱い!ということで現役のなろう作家さん・小鳥鳥子さんにご参加いただき、補強を行いました。ただ……。 わたしは巨人ファンなので補強に補強を重ね

スキ
33
    • ユーロビジョン歌合戦 〜ファイア・サーガ物語〜

      日本と中国、そしてアメリカで最も知られていない世界最大の音楽番組「ユーロビジョン・ソング・コンテスト」 その歴史は古く、第一回の放送は1956年。西欧・北欧・東欧・ロシア・旧ソ連地域を含むほとんどのユーロ圏の国が参加するコンテスト。 有名な優勝者は、1974年のスウェーデン代表のABBA。1988年のスイス代表のセリーヌ・ディオン。音楽のコンテストのために、エストニア、ラトビア、アゼルバイジャン等の小国の優勝も起こりうるコンテスト。 * 「あそこの島見える?」 「見えるよ

      スキ
      27
      • #2022年のライトノベル短編 コンテスト作品より「短編小説)白の自画像」

        #2022年のライトノベル短編 文字通りライトノベルの短編小説コンテストを開催しています。 noteにはライトノベル作家が結構いるのですが、ライトノベル作家はほぼ10割は長編・大長編の執筆者で、noteは長編小説が書きにくい、長編小説を書く仕様になっていない、長編をまったく評価しないため、noteにいるライトノベル作家は、ほとんどnoteを書きません。だからライトノベル作家向けのコンテストは、note内のカウンターカルチャーとしておもしろいかな?と思い開催しました。 今回

        スキ
        32
        • #2022年のライトノベル短編 コンテスト作品より「七夕の日に、あなたと」

          #2022年のライトノベル短編 文字通りライトノベルの短編小説コンテストを開催しています。 noteにはライトノベル作家が結構いるのですが、ライトノベル作家はほぼ10割は長編・大長編の執筆者で、noteは長編小説が書きにくい、長編小説を書く仕様になっていない、長編をまったく評価しないため、noteにいるライトノベル作家は、ほとんどnoteを書きません。だからライトノベル作家向けのコンテストは、note内のカウンターカルチャーとしておもしろいかな?と思い開催しました。 ただ

          スキ
          26
          • ユーロビジョン歌合戦 〜ファイア・サーガ物語〜

            スキ
            27
            3日前
            • #2022年のライトノベル短編 コンテスト作品より「短編小説)白の自画像」

              スキ
              32
              4日前
              • #2022年のライトノベル短編 コンテスト作品より「七夕の日に、あなたと」

                スキ
                26
                5日前

              マガジン

              マガジンをすべて見る
              • ほっこりとおだやかに

                • 4,266本

                素敵なクリエイターさんたちのノートをまとめています

              • トピックス(日本)

                • 20,374本

                素敵なクリエイターさんたちのノートをまとめています。

              • トピックス

                • 12,614本

                素敵なクリエイターさんたちのノートをまとめています。

              • トピックス(旅行記)

                • 3,818本

                旅行記です。

              • 映画

                • 1,897本

                映画コラム 某ブログでも書いています。

              • トピックス(小説・作品)

                • 7,793本

                素敵なクリエイターさんたちのノート(小説・作品)をまとめています。

              • 自作小説

                • 145本

                自作のオリジナル小説です。 「令嬢コンセッタ」はエブリスタのコンテスト向きに書いた小説ですが、あまりにエブリスタがファンタジー過ぎるのでnoteに引越ししました。

              • 海外ドラマ

                • 43本

                海外ドラマのコラム。

              • ふみのわ

                • 44本

                文芸部「ふみのわ」の文芸集です。 顧問のわたし、文(ふみ)先生が定期的に課題 "ぶんげぇむ" を出しますので、部員の皆さんはしっかりと課題に取り組んでくださいね! もちろん部員でない方も、ご自由にお読みいただけます。 ぜひフォローしてくださいね。

              • ほっこりとおだやかに

                • 4,266本

                素敵なクリエイターさんたちのノートをまとめています

              • トピックス(日本)

                • 20,374本

                素敵なクリエイターさんたちのノートをまとめています。

              • トピックス

                • 12,614本

                素敵なクリエイターさんたちのノートをまとめています。

              • トピックス(旅行記)

                • 3,818本

                旅行記です。

              • 映画

                • 1,897本

                映画コラム 某ブログでも書いています。

              • トピックス(小説・作品)

                • 7,793本

                素敵なクリエイターさんたちのノート(小説・作品)をまとめています。

              • 自作小説

                • 145本

                自作のオリジナル小説です。 「令嬢コンセッタ」はエブリスタのコンテスト向きに書いた小説ですが、あまりにエブリスタがファンタジー過ぎるのでnoteに引越ししました。

              • 海外ドラマ

                • 43本

                海外ドラマのコラム。

              • ふみのわ

                • 44本

                文芸部「ふみのわ」の文芸集です。 顧問のわたし、文(ふみ)先生が定期的に課題 "ぶんげぇむ" を出しますので、部員の皆さんはしっかりと課題に取り組んでくださいね! もちろん部員でない方も、ご自由にお読みいただけます。 ぜひフォローしてくださいね。

              メンバーシップ

              メンバーシップをすべて見る
              • はじめに

                この投稿を見るには メンバーになる必要があります
              • AIが絵を描いてくれるmidjourneyの使い方

                この投稿を見るには メンバーになる必要があります
              • 企画4

                この投稿を見るには メンバーになる必要があります
              • ご連絡

                この投稿を見るには メンバーになる必要があります
              • 運営者を変更いたします

                この投稿を見るには メンバーになる必要があります
              • 企画1

                この投稿を見るには メンバーになる必要があります
              • AIが絵を描いてくれるmidjourneyの使い方

                この投稿を見るには メンバーになる必要があります
              • 企画4

                この投稿を見るには メンバーになる必要があります
              • ご連絡

                この投稿を見るには メンバーになる必要があります
              • 運営者を変更いたします

                この投稿を見るには メンバーになる必要があります
              • 企画1

                この投稿を見るには メンバーになる必要があります
              • 商品の画像

                星空に窒息

                ■「星空に窒息」 小説(短編):小野木のあ ・星空に窒息 ・風船の頃 ・暗闇偏愛日記 ・自販機蹴とばして夏 ・旅客機が腹見せ飛んで行く 短歌:小野木のあ 自由律俳句:小野木のあ 表紙イラスト:小野木のあ   * 「自販機蹴とばして夏」  なにもかも、最低だった。  夢を抱いて上京してから4度目の春、私は実家に出戻った。  22歳。夢も希望も仕事もない。やりたいことなど何もない。息をするのも面倒くさい。時間が過ぎていくのをじっと待つだけの毎日だった。実家に戻ってから一ヶ月の間、私はほとんど自分の部屋から出ず、眠ってばかりいた。  その日は昼過ぎに一度目を覚まし、布団から出てコタツに移動した。家族は仕事や学校に出かけていて、家には私と猫だけだった。私に気付いて近寄ってきた猫を抱きかかえて、そのままコタツに潜り込んだ。猫を撫でている時だけは、気持ちが和らいだ。    そのままコタツの中でうとうとしていると、チャイムの音で目が覚めた。一度は無視したけれど二度目のチャイムで起き上がり、寝間着のまま玄関の戸を開けたがそこにはもう誰もいなかった。起こされた猫はコタツから走り去って行った。まだ眠かったけれど、もう一度コタツに戻る気持ちにはなれなくて、仕方なく着替えて外に出た。  実家は山を削って作られた高台の分譲地にあった。その住宅地を抜けて、畑道をなんとなく舗装しました、といった感じの細い坂道を登っていく。畑の真ん中にある道の途中には、ぽつりぽつりと民家が並んでいる。黙々と歩いていると、右手にある古い一軒家の玄関口に立っている女の子と目が合った。女の子は私に向かって「こんにちは」と叫び、満面の笑みで手を振った。仕方なく私も「こんにちは」と口を動かし笑顔を作った。両頬の筋肉が引き攣る不快な感触がした。私は女の子の視線から逃げるようにして歩くスピードを上げた。  久しぶりに歩く外は、ずいぶん暖かくなっていた。私が眠っている間に春は終わってしまったようだった。風にはまだ冷たさが残っているけれど、青天の日差しは初夏のそれだった。
                580円
                Autumn&Winter

              記事

              記事をすべて見る
                • コンテストから作品紹介 #2022年のライトノベル短編

                  #2022年のライトノベル短編 文字通りライトノベルの短編小説コンテストを開催しています。 noteにはライトノベル作家が結構いるのですが、ライトノベル作家はほぼ10割は長編・大長編の執筆者で、noteは長編小説が書きにくい、長編小説を書く仕様になっていない、長編をまったく評価しないため、noteにいるライトノベル作家は、ほとんどnoteを書きません。だからライトノベル作家向けのコンテストは、note内のカウンターカルチャーとしておもしろいかな?と思い開催しました。 ただ

                  スキ
                  23
                  • 躊躇はしない

                    昨日に「夏に走れ! 作家が夏に小説を書かないなんてばかだ!」という記事を書いたらなんとなくと評判が良いみたいです。明確だからでしょうか? * 現在、文学サークルを運営し、秋の文学フリマ(札幌・東京)に参加予定です。#2022年のライトノベル短編というコンテストも開催しています。 その#2022年のライトノベル短編というコンテストの応募状況ですが、芳しくありません。もっと文字数を減らしたり、俳句もOKとすればいいのでしょうが、それはしません。 それをすると、faceboo

                    スキ
                    33
                    • 夏に走れ! 作家が夏に小説を書かないなんてばかだ!

                      前回に「夏に恋をしろ 作家が夏に小説を書かないなんてばかだ!」という記事を書いたら意外と評判が良かったみたいで、再度、熱く書いてみました。水も飲まずに練習しろ!という昔の感じです。 現在、文学サークルを運営し、秋の文学フリマ(札幌・東京)に参加予定です。#2022年のライトノベル短編というコンテストも開催しています。 作家は只今、文学フリマに向けて小説を執筆中です。 また、イラストを依頼したイラスト描き産からイラストが届きました。 実はこのイラストは、作家が純文学作家な

                      スキ
                      60
                      • パラダイム

                        ロサンゼルスのダウンタウンにある閉ざされたままの教会。 その扉を開けた老司教(ドナルド・プレザンス)は、 そこで不思議な緑色の液体が入った透明な柩を発見する。 彼は理論物理学と超常現象のバイラック教授(ヴィクター・ウォン)に相談し、キャサリン、ブライアン、ケリー、ウォルター、スーザンらの研究生や専門家と共に教会に泊まり込み、徹底的な分析を始めた。 しかし、その頃教会の回りには浮浪者らが集まり、さらにはおびただしい数の虫が地中から這い出して来ていた。 教授たちがコンピュータに

                        スキ
                        29
                        • ロスト・バケーション

                          亡き母が教えてくれた秘密のビーチ。医学生のナンシーは休暇を利用してついにそのビーチを訪れる。母に先立たれた父と幼い妹の世話、医師となる為の勉強漬けの日々から解放されるナンシー。そんな彼女の最高の休暇は──。 海外でただ一人だけのビーチを見つけ、ただ一人で満喫する──。 ナンシーは、サーフィンを満喫し、いい波に乗るために沖へとこぎ出だす。 しかし、沖に浮かぶ、大きな鯨の死体を見つける。 なにかが迫る。──それはイルカだった。が、もう一体いた。 もう一体に襲われ、ナンシー

                          スキ
                          28
                          • 海底47m

                            ケイトとリサは休暇でメキシコを訪れた。彼氏と破局したリサを慰めようとして、ケイトは考えを巡らすが、上手いアイデアを思いつけずにいた。そんな折、ケイトは地元の人からケージ・ダイビングについての話を聞いた。「これだ!」と思ったケイトは、リサをケージ・ダイビングに誘った。リサは気乗りしなかったが、ケイトから「また退屈な女だと思われるわよ」と言われたため、渋々ダイビングに挑むことにした。 翌日、2人が港に到着すると、リサがダイビングへの不安を話したが、ケイトは危険なことなんてないと

                            スキ
                            33
                            • 夏の世のホラー映画

                              昔から夏は、ホラー映画祭りというのがありました。あれあまり意味がわからなかったのですが、この夏くらい暑過ぎて、けだるく薄着で過ごす毎日ですと、心にしみる映画よりもざっくりとした映画をざっくり観たい、映画を観る心構えも不遜なものなので、刺激の強いホラー映画くらいがちょうどいい。そんなところになるのでしょうか。 ■ ドラキュラ (1992年 : 監督 フランシス・フォード・コッポラ) ドラキュラ伯爵を演じるのは、「シド・アンド・ナンシー」のゲイリー・オールドマン。エリザベータ

                              スキ
                              37
                              • All my treasures

                                All my treasuresは歌詞の一節です。今世界陸上で熱く語っている人のですね。 現在、文学サークルを運営し、秋の文学フリマ(札幌・東京)に参加予定です。#2022年のライトノベル短編というコンテストも開催しています。 #2022年のライトノベル短編 文字通りライトノベルの短編コンテストであり、普通の純文学・文芸短編も応募受付しています。文字数2000文字~6000文字、テーマ自由。 受賞者・応募者には文学フリマへの作品参加を打診いたします。 運営をずっと行って

                                スキ
                                33
                                • 夏に恋をしろ 作家が夏に小説を書かないなんてばかだ!

                                  夏に恋をしろというのは昔のテレビドラマのセリフの一節です。今世界陸上で熱く語っている人のですね。 現在、文学サークルを運営し、秋の文学フリマ(札幌・東京)に参加予定です。#2022年のライトノベル短編というコンテストも開催していますが、最近全然noteを書いていません。 なぜか? 今、noteは行き詰っていますけど、ライトノベル系、ロマンス系の長編小説コンテストや漫画原作のコンテストは数多く、よそで書いていたら忙しくてnoteなんて書く暇ないです。 最近勘違いしている

                                  スキ
                                  47
                                  • 夏休みなので #2022年のライトノベル短編 コンテスト再度開催します

                                    現在、文学サークルを運営し、秋の文学フリマ(札幌・東京)に参加予定です。つい最近、5月13日~7月10日で私設コンテストを開催しておりました。結果、かなりハイレベルで、グランプリを受賞した人は、そのままかの高名な夏ピリカグランプリでも賞を取ってしまうほどハイレベルでした。 まあ夏休みで、しかもまた自粛っぽい夏なので、#2022年のライトノベル短編 を再度開催します! #2022年のライトノベル短編 文字通りライトノベルの短編小説コンテストです。 背景として、noteには

                                    スキ
                                    59
                                    • 作られた続編、作られなかった続編

                                      1994年、当時のヒット小説「夜明けのヴァンパイア」が映画化されました。 監督は原作の趣を叶うべく、「クライング・ゲーム」を成功させたイギリス人のニール・ジョーダンが抜擢され、主演はトム・クルーズに決まりました。これに一番反対したのが、原作者のアン・ライスで、レスタトのイメージはルトガー・ハウアーであるとの意見でした。 映画は、そのままトム・クルーズ主演で製作続行。そして、「リバー・ランズ・スルー・イット」で若い頃のロバート・レッドフォードと瓜二つと評判を呼び、「セブン」で

                                      スキ
                                      51
                                      • 物語は完結する

                                        名作にPART2はない! 映画「ハード・ウェイ」マイケル・J・フォックスのセリフより 映画の続編化が始まったのは、1980年代「スター・ウォーズ 帝国の逆襲」からです。「スター・ウォーズ 帝国の逆襲」は映画自体がヒットしたというだけではなく、映画のキャラクターグッズも販売し、それが超巨大な利益となり、これが決め手となって、映画がヒット!=続編化という流れが生まれました。 「48時間2」(監督ウォルター・ヒル)、「インディ・ジョーンズ 魔王の迷宮」(監督スティーヴン・スピルバ

                                        スキ
                                        64