heukocpa

主な生息地はツイッターです。 http://twitter.com/heukocpa
固定された記事

とある会社員が働きながら公認会計士になり国際税務マンになったお話

ツイッターの流行りに乗っかり、僕も一会社員が公認会計士になり、国際税務業務に携わるようになった経緯を少し綴ってみたいと思います。(かなり連投になるのでnoteで) …

Appleの10-Kに基づく実効税率・税効果分析

米国バイデン政権の登場により俄然息を吹き返しているBEPS2.0。このまま消滅してくれてもよかったのにという本音はさておき、過度な節税が問題視されたGAFAの実効税率や税…

利益剰余金・資本剰余金の同時配当に係る最高裁判決 ー 未解決の本質的問題とSBG対策税制の影響の考察

久し振りのnote更新です。 本日は東日本大震災・津波からちょうど10年。まずは黙祷から― そして、こんな日に利益剰余金・資本剰余金からの同時配当の事案について、最高…

グループ通算制度導入に伴う解散時の期限切れ欠損金への意図せざる悪影響?

先日少しツイートした件の纏めです。ズバリ、令和2年税制改正による連結納税からグループ通算制度への移行により、いわゆる期限切れ欠損金の取扱いに意図せざる重大な不備…

パナソニックの海外持株体制再編に係るタックスプランニングと税務調査否認の分析

ちょっと古い事案ですが、2018年9月、パナソニックは海外持株会社の再編に関連して大阪国税局より412億円という巨額の税務否認(更正)を受けたと公表しました。この事案も…

M&Aにおけるアーンアウトの売り手と買い手の会計上(IFRS・日本基準)及び税務上の取扱いを包括的に纏めてみた!

M&Aにおいて、将来の業績見通しや不確実性等によって買い手と売り手が買収価額に合意できない場合に、例えば将来に一定の業績を達成した場合に追加で対価を支払うという取…