shyhack

消極的にサード・プレイスと関わる

今回のパンデミックは外出自粛による在宅ワークを多くの人に経験させ、ライフワークを変化させた
(自分は病院勤務なので変わらなかったが)

その結果、会社への出勤がなくなり、自宅で過ごす時間が増えた

そこでみえてきた問題点からサード・プレイスの在り方をデザインしていく

自宅で仕事ははかどるのか?

自宅とはどのような環境なのか

在宅ワークからみえてきた自宅の在り方を考えていく

「在宅ワークのい

もっとみる

アニメ飯を作ってみたら、僕たちはそのアニメを見たくなるのだろうか(週刊PLANETS CLUB通信)

こんにちは! だんだんとリモートワークも板についてきたPLANETS編集部員です。今週のPLANETS CLUB通信は、先日PLANETS CLUB内で行われた「アニ飯がたり」というイベントの模様をお届けします。『3月のライオン』に登場する「甘やかしうどん」をみんなで作りながらzoomをする、という一風変わったこちらの企画。果たしてお味は……? 参加されたクラブメンバー、吉村さんにレポートしていた

もっとみる
ありがとうございます!!
6

実録!大学懇親ゲームの実態+改善案

大学の新入生向けオリエンテーション行事で学生同士の親交作りを目的として実際に行われた懇親ゲームについて記録・分析し、もっとこうしたほうがよさそうという改善案を考えます。

ちなみに、これを書いている私は大学教員で新入生行事の担当を何回かやっていたりもするのですが、行事の中身や当日の進行はほとんど学生スタッフの自主性に任せています。(心の中ではもっと相談に来てほしいと思っています)

目標設定

もっとみる

人はなぜ「じゃんけん」で決めてしまうのか? 〜AI時代の意思決定のヒント〜 | 渡邊恵太・消極性研究会 SIGSHY

消極性研究会(SIGSHY)による連載『消極性デザインが社会を変える。まずは、あなたの生活を変える。』。今回は渡邊恵太さんによる寄稿です。私たちの身近な意思決定の手段のひとつである「じゃんけん」。簡易かつ合理的な方法ですが、参加人数が増えると必ずしも効率的ではありません。じゃんけんに象徴される「どうでもいい意思決定」を効率化する、新しいテクノロジーを提案します。

消極性デザインが社会を変える。ま

もっとみる

物議を醸すモノづくりのはなし | 栗原一貴・消極性研究会 SIGSHY

消極性研究会(SIGSHY)による連載『消極性デザインが社会を変える。まずは、あなたの生活を変える。』。今回は栗原一貴さんの寄稿です。2015年のパリでのテロ後、Facebookではプロフィール写真の背景をフランス国旗に変えて追悼の意を示す運動が流行しました。しかし、消極的な人間は安易に流行に飛びつきません。どうせやるなら全世界の平和を祈るべし、と栗原さんが発明したものは……?

消極性デザインが

もっとみる

護身術的SHYHACK | 簗瀬洋平・消極性研究会 SIGSHY

消極性研究会(SIGSHY)による連載『消極性デザインが社会を変える。まずは、あなたの生活を変える。』。今回は簗瀬洋平さんの寄稿です。ECシンポジウムで毎年恒例となっているオーガナイズドゲームでの昨年のチャレンジ。そして、講演依頼で発生する気を遣うやりとりを軽減する「講演依頼フォーム」のアイディアについて語っていただきました。

消極性デザインが社会を変える。まずは、あなたの生活を変える。
第9回

もっとみる

シチュエーション別!飲み会で使える #shyhack

飲み会、嫌いというわけではないんだけど、ちょっとめんどくさいなとか、あとで「これだったら家でnote書いてた方がよかったかな」とか思ってしまいがちなあなたに贈る、飲み会前に読んでほしいnoteです。

心構え編:まずは「楽しむ」をハックする

飲み会のために生きているような人たちと違って、あなたはきっと一人でも十分に楽しく過ごせる人です。読みたい本、描きたい絵、作りたいアプリ、…楽しい何かがお家で

もっとみる

みんなで話し合って決めようの消極性デザイン | 西田健志・消極性研究会 SIGSHY

消極性研究会(SIGSHY)による連載『消極性デザインが社会を変える。まずは、あなたの生活を変える。』。前回に引き続いて西田健志さんの寄稿です。話し合いへの参加を最初から諦めてしまう「消極的」な人々は、どうすれば大規模な集団の議論に参加できるのか。西田さんが考案した、1対1の「小さな議論」の勝者がトーナメントを勝ち上がる「トーナメント型議論システム」を紹介します。

消極性デザインが社会を変える。

もっとみる

11月前半をどう過ごしたかのまとめ

完全に個人的な話で恐縮ですが、4月末〜10月末の6か月間、「毎日noteに投稿する」ことをミッションとして頑張ってみました。noteでは0時〜23時59分までの投稿がその日の投稿とみなされるため、連続投稿の表示がみたければ毎日その時間内に記事をアップロードする必要があります。

僕の場合、日付に対するこだわりはそれほど強くなかったので、数字としては100日に届きませんでしたが、180本を超える投稿

もっとみる
Twitterもフォローしてね~
6

消極性デザインは悪い積極性にも効く | 西田健志・消極性研究会 SIGSHY

消極性研究会(SIGSHY)による連載『消極性デザインが社会を変える。まずは、あなたの生活を変える。』。今回は西田健志さんの寄稿です。西田さんが開発し、学会で好評を博した傘連判状システム。この仕組みは(悪い意味で)積極的な人の声ばかり目立つ昨今のウェブで、消極的な人たちの意見に力を与えるシステムになりうるのでしょうか。その可能性と課題について論じました。

※本記事に一部、誤記があったため修正し再

もっとみる