noteの日常

私の人生の責任を取ってくれるのは

ある日、社内の隅で書類をコピーしていた。 なんとなく顔を上げ、社内全体を見渡した。 社員全員、何かに取り憑かれたかのようにパソコンに向かって黙々と作業している。 周りの先輩も毎日ため息をつきながら仕事をしている。 「しんどい。」「辞めたい。」 そんな言葉が響き渡る。 私もその一員…

はじめまして。

はじめまして。OL4年目 23歳のカリンです。 いつかフリーランスとして働くためにここでは文章を書く練習をしようと思います。 学生の頃から文章を書くのは苦手で、今まで論文などからは逃げてきたので本当に拙い文章です…。 今は、短大を卒業後、特にやりたいことがなかったため親に勧められた事務…

noteのミッション・ビジョン・バリューを伝える社内共有会を開催しました

新しく入社した社員が会社のカルチャーを深く理解し、スムーズに活躍できる土台をつくるため、noteではミッション・ビジョン・バリュー(以下、MVV)を伝える「MVV共有会」をはじめました。 先日おこなった第1回では、CEOの加藤、CXOの深津、人事の北上と最近入社した社員がオンラインであつまり、対…

note社員のクリエイティブなリモート環境を紹介します

3月26日から、noteの社員は全員在宅で働いています。もともと職種に応じてリモート勤務も選択できる働き方ではありましたが、全員が一斉にリモートとなるのははじめてのことでした。 会社からも在宅勤務手当ての導入、オフィスで使用している椅子の自宅配送などでサポートをしていますが、おどろいた…

CEOも参加。エンジニア全員があつまる「開発定例」で語られること

noteのエンジニアチームは毎週、チーム全員があつまる開発定例という会議を行なっています。noteの成長を開発面で担うメンバーが情報を共有する、大切な時間です。 エンジニアチームの開発定例は、基本Slackでのチャット形式。ただ、月に一度のロングバージョンでは、チームのみんながイベントホール…

決死の覚悟でのぞんだnoteのドメイン移行。検索流入急落からの復活劇

リスクはある。成功するとは限らない。それでも挑戦しなければならなかったことがあります。それが、2019年11月25日、noteのサービスURLの「note.mu」から「note.com」へのドメイン変更。 わたしたちが「note.com」ドメインを取得したのが、2018年12月。さらにさかのぼると、CXOの深津さんが就任した2…

CEOとCTOが語る、noteが目指すインターネットの世界とエンジニア採用を強化す…

「100名くらいのエンジニアを迎え入れたい」 ピースオブケイクは、エンジニア採用に力をいれています。CEOの加藤さんとCTOの今(こん)さんは、「これから1年で20名くらい採用して、エンジニアの人数を現在の倍くらいにしたい」と語るほど。 エンジニア採用の注力は、今日にはじまったことではなく、…

LINEに出張 #note勉強会 !開催レポート

noteでは、LINE社員の方が書いたnoteが日々話題を呼んでいます。サービスの公式アカウントや社内の雰囲気を伝えるアカウントもどんどん増えていて、中の人的には「もしや、LINEに愛されてる…?」感をおぼえておりました。 このnoteとか このnoteとか ほら、読んだことあるやつ、見覚えあるやつ。あ…

noteがクリエイターと対話をする方法の1つ、「#noteお茶会」とは。

noteが大切にしているバリューに「クリエイター視点で考えよう ※」があります。バリューを体現する活動の1つが、この記事でご紹介する「noteお茶会」。 「クリエイター視点で考えよう」 ピースオブケイクの事業の原点はクリエイターにあります。ピースオブケイクのメンバーは、創作にかかわるすべて…

note部が爆誕したメルカリで、#出張note勉強会 をしてきた。

出張note勉強会!今回は「note部が発足した」と噂を聞きつけて、メルカリへ行ってきました! なんで、メルカリでnote部? メルカリといえば…いろんな方のツイートやnote記事が、よくバズっている、ソーシャルパワーのとっても強い会社。 note部発足のキッカケは、メルカリのインハウスエディター …