kizomba

[2021.05]ラティーナ流 おいしいワールド・レシピ⑩ アンゴラの家庭料理 モアンバ(鶏肉のピーナッツ煮込み)〜Moamba de Galinha com Ginguba Angolana〜

[2021.05]ラティーナ流 おいしいワールド・レシピ⑩ アンゴラの家庭料理 モアンバ(鶏肉のピーナッツ煮込み)〜Moamba de Galinha com Ginguba Angolana〜

文と写真●EIKO 本エントリーは、6/2(水)からは、有料定期購読会員の方が読める記事になります。定期購読はこちらから。  今月はアンゴラ料理です。アンゴラは、アフリカ南西部の国でポルトガルの植民地でした。ここから多くの奴隷がブラジルに渡ったと言われています。そのため、ポルトガルやブラジルに通じる料理も多数あります。  今回はその中から、家庭料理としてポピュラーな「モアンバ」という料理を現地在住の方にご紹介いただきます。(編集部)  鶏肉をトマト、パーム油(デンデ油)

スキ
7
【特有が認められる時】表現力セッション

【特有が認められる時】表現力セッション

 海外発祥のダンスをする人にとって必ず一度は気になる事を言われることがあると思います。 未だに良く言われたりする例として、「体型が違う日本の人がダンスしても違うよ!」とか、「その国のDNAが無いとそのダンスにならない」、などがあります。  こういった『オリジナル至上主義的考え』はダンスに限らず、西欧美術や自動車などの西洋発祥の工業製品やデザイン、また工作技術等でもしばしば同じように言われます。  ダンスにおいても、いわゆる本場でその歴史に自身を埋めようとしている場合はそう

スキ
25
【フォローの余韻】音楽性セッション

【フォローの余韻】音楽性セッション

ピアニスト森本麻衣さんが『ピアニスト道』を動画でアップしています。 ピアノ上達法、本番へのアプローチ、ピアノに関する様々なことの中から、今回は「上手な人と下手な人の違いはコレ。長い音のコツ!」で、音の繋ぎ方と重ね方をテーマにしています。  この動画は『悲壮』を例にして、長い音からの音の繋げるときの弾き方についての解説ですが、弾くテクニックは置いといて、どのように意識して次の音にはいるか!を感じとれるように視聴してみてください。 さて、如何でしたでしょうか? 最初の強く長い

スキ
31
【習った技が使えない!? byリーダー】トリートメント

【習った技が使えない!? byリーダー】トリートメント

 ペアダンスでは踊り場としてのソーシャル(ミロンガ等)と、レッスンとソーシャル(ミロンガ等)の中間的な踊り場として練習会(プラクティカ)があります。  このような練習会(プラクティカ等)は主催者によって、レッスン寄りだったりソーシャル(ミロンガ等)寄りだったり様々です。  また、中にはガイド・プラクティカと言って、インストラクターが常駐していて質問等もできる練習会もあります。  東京近郊なら、レッスンとソーシャルはかなりの数が開催されていますが、それに比べてると練習会は意外と

スキ
35
【Free Online Lessons 紹介 】エッセイ

【Free Online Lessons 紹介 】エッセイ

 例のアレで欧米でも外出制限が今週から始まっています。 ニューヨーク在住のマイケル先生が無料でレッスン動画をアップしています。また、欧州でもオンラインレッスンを公開しているのでご紹介します。 【BOLEO & VARIATIONS】 Tango lesson Teachers: Michael Nadtochi & Silvina Tse https://youtu.be/TkRMZR7-q2k 【FREE ONLINE CLASS | KIZOMBA FUSION】 

スキ
36
【動画で学ぶ際の注意点】各種技術レッスン

【動画で学ぶ際の注意点】各種技術レッスン

 ダンスの学び方といえば、昔はスタジオでレッスンを受けるだけでしたが、今ではオンラインレッスン等の動画によるレッスンを受けることが可能な時代になってきました。  また、特に海外のダンサーなどで、レッスンは受けれないが習いたいダンサーがオンラインレッスンを実施していない場合、該当のデモ動画やレッスンの紹介動画を見ながら学んでいくこともあるかと思います。  そのように動画でステップや技などを学んでいく際の注意点について3つ挙げて説明をしていきたいと思います。  その前に最も注意し

スキ
43
【踊りのクオリティを上げるコツ】音楽性セッション

【踊りのクオリティを上げるコツ】音楽性セッション

 ピアニスト森本麻衣さんが『ピアニスト道』を動画でアップしています。 ピアノ上達法、本番へのアプローチ、ピアノに関する様々なことの中から、今回のテーマは「踊りのクオリティを上げるコツは!」を取り上げています。  キーワードは『フレーズについて』で、このテーマは踊りで表現する際にも共通するもので、とても大切なことと思います。  また、本人のブログにある通り「できる限り短く、動画で説明している」ので、踊りを踏まえて森本さんの指摘を分析していきます。  約4分半の短い動画なので、ま

スキ
48
【ペアダンスのシステム】表現力セッション

【ペアダンスのシステム】表現力セッション

 振付と違ってインプロ(即興)で踊る場合の難しさは、振りがある程度自由に展開して行く為、フォロアーが踊りを見失しなわない様にさせることかもしれない。  インプロでも「ゆるい」インプロから「フル」インプルまであるので、中には決められたシークエンスを差し替え&入れ替えて踊るという(ある程度用意されたインプロ)もあるので、その場合は露呈しないケースが多いのだが、リーダー及びフォロアーが『ペアダンスのシステム』を認知しないと成立が難しい(感覚的であっても)。    アルゼンチン・タン

スキ
51
【歌うま!?】音楽性セッション

【歌うま!?】音楽性セッション

 セッションを受けたクライアント様のフィードバックで、 「カラオケがスッゴク上手く歌えるようになりました!」がありました。  タンゴで踊る曲などの構成把握と、その「構成パーツそれぞれの役割を理解するセッションと、構成パーツそれぞれを表現していくセッションの二つを基にして、他のジャンルの曲(J-POP)にクライアント様自身で応用した結果だと考えられます。(私は「発声法」等の指導はできません)  そもそも私が音楽性のセッションを始めたきかっけは、「ダンサーさんはあまりにも楽曲

スキ
56
【シーンとリズム】表現力セッション

【シーンとリズム】表現力セッション

舞台と並んで表現の参考になるのがシネマ。 21世紀になりSFXやクロマキー合成名などが多く使われ、キャストは全て別取りにして、実際は共演していなくても、映像上では共演している体なのが多い様ですが、画面に二人が共演するシーンはいつの時代も重要な場面となっています。  今回参考にするのはアクション映画における武闘シーン(動画04:15~05:20の部分)を視てください。字幕を日本語か英語にするとより分かりやすいです。  演じることで大切なのはテンポとリズム。二人が絡むシーンで

スキ
61