静岡県小山町がアウトドアの “ダイヤの原石” だった件

縁があって、静岡県小山町の自然環境を視察してきました。

小山町の、地域ぐるみで子どもを支援する町づくり「金太郎ファミリープロジェクト」推進事業ほかを受託する、株式会社IPシンフォニーの天野恵久子さんより、asobi基地でアウトドア系イベントができませんか、と声を掛けてもらいました。

「金太郎ファミリープロジェクト」では、森のようちえんや、森の子育てインストラクター養成を行っているのですが、「a

もっとみる

辛いのを我慢しなくても登れる!天才な子どもたちが教えてくれる「asobi基地」流やまのぼり

山登りって「辛いけれど、頑張るもの」「体力、精神力を鍛えられるアクティビティ」というイメージがありませんか?

でもasobi基地の子どもたちを見ていると、「疲れる」とか「息が切れて苦しい」とかいう要素は、山登りのごく一部でしかなく、山には無数の魅力があり、楽しみがあるんだな、という事実が、よくわかります。

頑張らなくて全然OKな「asobi基地やまのぼり」

asobi基地・関東 アウトドア部

もっとみる

“asobi基地小屋” 完成しました!

こんにちは。asobi基地アウトドア部・部長の寄金です。

2016年末に実施した、“asobi基地小屋” クラウドファンディング。

ついに、asobi基地小屋の建物が、おおむね完成しました!

南真一さんの手で、屋根がふきおわり、サンルームに窓(ガラスではなく、ポリカーボネート中空複層板という、アクリルのような割れにくい素材です。子どもが遊び回るのを考慮して、安全性を取りました)が入り、これで

もっとみる

危ないっ!と言わなくていいキャンプ「asobi基地キャンプ・春2017」レポート

こんにちは。フリーランスキッズ&ベビーシッターの池田香織です。

asobi基地キャンプって、どんな感じ?と聞かれたら、私は『生きる力を身につけられる場所』と答えるでしょう。

2泊3日コドモもオトナも充分にカラダを使い、気が済むまであそび、大勢の仲間と共に食事をし、テントで眠る。

一見当たり前の1日の行動かもしれませんが、これが大自然の中だと大きく違うのです。

転ばないバランス感覚

八木キ

もっとみる

【6/2〜4】いよいよ “asobi基地小屋” をつくります! 各種お手伝いも大募集!!

“asobi基地小屋” づくりの日程が決まりました!

2017年6月2日(金)〜4日(日)

の3日間で、南真一さんを始めとする大工さん3名、地元のてっちゃん(芦沢哲也さん)の協力のもと、“asobi基地小屋” を作りあげていきます。

もちろん、どなたでも参加できます!

また、小屋作りしたい人、デコレーションしたい人、働く大人&子どものために美味しいご飯を作ってくれる人などなど、各種お手伝い

もっとみる

“asobi基地小屋” づくり始動します!まずは3/4・5現地作戦会議から

2016年末に実施した、“asobi基地小屋” クラウドファンディングは、みなさまのご支援・ご協力のもと、見事、目標金額を達成!

全40組から、総額 ¥373,600 のご支援をいただきました。

リターンにつきましては、asobi基地が4月から新年度となりますので、諸状況を考慮して、3月頃に改めてご連絡させていただきます。

お待たせして申し訳ありませんが、どうぞよろしくお願いいたします!

もっとみる

大人も子どももワクワク!asobi基地キャンプは、やりたいことができる場所!

はじめまして、asobi基地キャストのくりちゃんです。

大学生をしながら、子ども向けにイベントを行ったり、親子の場にキャストとして出入りしたり、と子どもにまつわる活動をしています。

そんな私から、asobi基地キャンプの魅力をお伝えします!

役割は決めません!

asobi基地キャンプでは、たくさんの家族が参加します。

でも、それぞれの家族ごとに何かするわけでもなく、それぞれの家族に役割が

もっとみる

常識をひっくり返すような “自由さ” と “平等な場所” asobi基地キャンプ。オトナ、小1女子にポップコーン作りを教わる

はじめまして、asobi基地ボランティアキャストのうっちーです。

保育士資格は持っていますが、普段は会社員として働きながら、お休みの日に、asobi基地のイベントに参加させて頂いています。

今まで、0歳部のイベントや、神奈川チームの活動に、関わらせて頂きました。

大雨が降った秋キャンプに参加……子どもたちは?

(撮影/森本さん)

asobi基地アウトドア部については、2016年9月の秋キ

もっとみる

娘とやりたいことが違っても、お互いに我慢せず過ごせる!「asobi基地キャンプ」で大満足

こんにちは。asobi基地キャンプのマイペース隊長/キッチン副隊長のゆりえです。

普段は、WEB関係の仕事をしつつ、小学生のママをしています。

ママひとりで道具を揃えてキャンプに行くのは難しい……

asobi基地に出会ったのは、娘が2歳のときでした。

アウトドア部で、初めてのキャンプをしたのが年中さん。

私は父がボーイスカウトの隊長ということで、小さい頃からキャンプが身近なものでした。

もっとみる

やんちゃ過ぎる兄弟に、行く先々で頭を下げる日々……asobi基地キャンプのリピーターになった理由

藤原摩耶です。普段は、病院で、こども相手の仕事をしています。

核家族&共働きで、ファミサポさんや、友人に頼りながら、日々綱渡りの生活を送っています。

友人の誘いでasobi基地キャンプ初参加

友人である、木村芳教・由香里さんファミリーから、asobi基地キャンプに誘われたのは、長男7歳、次男5歳の夏のことでした。

asobi基地キャンプでは、asobi基地キャストが、こどもたちと一緒に水鉄

もっとみる