artdirection

本日は晴天なり

今日は雇用調整で休日。快晴なり。息子と公園で歩いた帰り、後続にはすでに廃盤となっているトヨタMRS。カラーはホワイト、レッドのバケットシート。運転席にみえる髪の毛は一瞬白髪をくくった初老のサングラスの女性に見えたが、もう一度確認するとあかるい栗色に染めた女性。のろのろ運転する僕のシエンタを煽りもせず、適切な車間距離。二車線の幹線道路に入るとあっというまにそのオープンにしたMRSは颯爽と加速して右側

もっとみる

BTS

最近娘がコピーしてたBTSのアルバムをコピーして車で聴いている。非常にいい。なんか音楽はくわしくはわからんけど、グルーヴ感ちゅうのかな、あるし、歌もうまいし(声がセクシー)。これはすごいわってね。彼らのメイクも世界では評判らしくて、僕はYMOを彷彿させたね。観相(骨相)ってあるけどなにか近いものがある。芸ってのは日本の能や歌舞伎でもそううなんやけど面かぶったり、メイクしたりしてる。やっぱり芸っての

もっとみる

Jasper Jhons

僕の専門領域は平面のヴィジュアルデザインなんやけど、最近は映像もんがやったら多くってなんだかなあ。僕なんかあ、だいぶまえやけど、美術館(たぶん直島コンテンポラリーアートミュージアム)でみたジャスパージョーンズのでっかい作品に強烈な右ストレートをくらった。リアルに。そういう経験は実は映像ではまだない。そういうパワーが平面のアートにはある。おなじような衝撃を棟方志功でもくらった。言葉ではいいあらわせん

もっとみる

アメイジング スパイダーマン2

今さらながら“アメイジング スパイダーマン2”、見たんやけど、なんで見たかゆうたら、主題歌を歌ってる「アリシアキーズ」のかっこよさにつきる。最近NHKラジオの“メロウな夜”をよく聞いていてアリシアを知った。スパイダーマンはベタなアメコミのヒーローもんのストーリーやけど、僕にとっての見どころ、あえて言うなら、彼の『蜘蛛のような動き』の表現のみだ。ああいうmoveはディズニー含めアメリカ人はうまい。表

もっとみる

webにおけるアートディレクション、デザインにまつわるちょっとしたあれこれを。

はじめまして。
アートディレクション、ウェブデザインを生業としてかれこれ10年。
現在はフリーランスで活動し、お仕事に育てられる毎日を送っています。

スケジュールをこなすだけで過ぎ去っていく毎日に少し刹那的な気持ちになり、これはいかん…と、いうところで、noteを始めることに。

さて何を書こう。お仕事以外のことを書こうと思っていたのですが、振り返ったときにやっぱりお仕事命。日々がデザインのため

もっとみる

思想的なものづくり

結局ものづくり大国であるからして、国内において、思想主義的なものづくりができるデザイナーはよほど少ないと思う。このプロダクト綺麗だな〜、こう使うのか。機能としてはこう言うことができるのね、ふむふむ。で終わる。

webデザイン(企業サイト・ECサイト・サービスサイト)で言うと、表面のマーケティング上での目標達成において重要視されてしまうものであったが、現在いただくご依頼の中でそういったものは少ない

もっとみる

新時代、的な

大それた話ではない。
とりあえず、見ず知らずの場で、身の上話をすると、

私は31歳(男)。未婚であり、もちろん?子供もいない。
やりたいような仕事は現在進行形でできているし、趣味は1日が足りないくらいにはある。力を入れている音楽活動では、ドラマー、パーカッショニスト、アートディレクターとしてアーティストのサポートを行なっている
(ついでに広告:サポート中の、「森永 陽実」Morinaga Aki

もっとみる

賞とは。ーADC展

ADC展に行ってきた。
“日本の”(重要)アートディレクション、応募作品展である。

賞を獲得していた作品・プロジェクトには、どれもがそのように至った経緯が書置きのように、大変見辛い配置で展示してあった。(腰をかがめないと読めない位置に、なぜ配置したのか、についてはそこの主に聞きたいところである)デザインとは、を問い直すような機会になったので記す。

制作物であればほぼ全てに過程や、意図が存在して

もっとみる

「デザインシンキングなんて糞食らえ」。について

https://www.axismag.jp/posts/2018/10/99156.html
画像、上記参考文献より拝借。
話題になったこの記事について。

IDEOが提唱してたニュアンスは、問題解決のためのデザイン思考術は誰もが活用できるよ、みたいなポジティブな印象だったけど。誰しもが語れる(着脱できる)ような、一時的に体系化された”思考術”、それを着飾る”非デザイナー”、妄信的に扱う経営層、

もっとみる