HRを考える

明日から実践できる採用CX施策を公開!

求職者「を」選ぶ時代から、候補者「が」選ぶ時代に変わりつつある採用市場。
企業が選ばれる立場に変わったいま「Candidate Experience(=候補者体験)」に注目が集まっています。

採用CX(Candidate Experience)とは、候補者が企業を認知してから選考を終えるまでのタッチポイント一つひとつに価値を提供することで、採用力向上ならびに自社のファン獲得に繋げる活動です。

もっとみる

採用CX(Candidate Experience)を徹底解説

求職者「を」選ぶ時代から、候補者「が」選ぶ時代に変わりつつある採用市場。
企業が選ばれる立場に変わったいま「Candidate Experience(=候補者体験)」に注目が集まっています。

採用CX(Candidate Experience)とは、候補者が企業を認知してから選考を終えるまでのタッチポイント一つひとつに価値を提供することで、採用力向上ならびに自社のファン獲得に繋げる活動です。「(

もっとみる

内定辞退に振り回されないために。企業が今すぐすべき5選!

採用の売り手市場と企業の優秀な人材の奪い合いで激しい人材獲得競争が続く近年。

その中でも、「いざ、内定を出したのに辞退された!」というケースも後を絶ちません。

そこで今回は、内定辞退が生じる原因に加え、その防止に必要なポイントをご紹介します。

【内定後に辞退が生じる大きな原因】

■就職するメリットを感じなかった

「給与、勤務地など条件が合わなかった」
「社風が自分に合わないと判断した」

もっとみる

【Wantedly編】求職者を惹きつける募集タイトル作成のコツとは

Wantedlyは、『共感で仲間とつながり、はたらくを「面白く」するプラットフォーム』というコンセプトで運営されています。

そのためガイドラインを守りながら、自社の採用ターゲットとなる人に届く求人票を作成していく必要があります。

募集の記事内容も重要ですが、記事の顔と言われるタイトルがイマイチだと、興味を持ってもらえず、本当に欲しい人材を確保できなくなってしまいます。

そこで今回は、採用マー

もっとみる

【保存版】公開されている採用ピッチ資料30選

採用情報の"オープン化"が止まりません。
スタートアップ界隈をはじめ、この流れは加速していくことでしょう。

その一環として、採用ピッチ資料(会社紹介資料)をWeb上に公開する企業が増えてきました。

とはいえ

「採用ピッチ資料にどんな項目を載せればいいの?」
「どこまでオープンにすればいいか分からない…!」

という方も多いと思います。

そこで、Web上に公開されている採用ピッチ資料をまとめ

もっとみる