Casestudy

製造設備のセンサーデータによる予兆保全

窓際に座っていた装置開発部部長の高松のボルテージは一気に高まり、瞬く間に頂点に達した。そして斜め向かいに座る生産技術の副課長の齊藤に向かって激高して言った。

「俺が産んだんだ、お前ら育てろ」

「専務がなに言ってるかなんて関係ない、お前ら便利になるんだろ。なんで2年も止めてるんだ。進めろよ」

齊藤は顔をこわばらせて聞いていた。

その反対側、私の隣で機械開発部部長の中林が隠れるようにしながら、

もっとみる

CASE STUDY①(ショットとタッチの意思決定の判断基準)

今回は先日質問いただいた内容に関して書いていきます。

ショットとタッチの意思決定の判断基準

先日回答した答えが下記です。

14点差なので、トライを狙いに行きます。点差と残り時間に応じて選択肢は変える必要があります。トライはラストワンプレーでも取ることができますが、ペナルティキックを狙いすぎると無駄な時間を費やしてしまうような気がします。

■結論はどっちでも良い?

ショットでもタッ

もっとみる
よければシェアもお願いします。
26

Case Study:Yahoo!応援改札 #ピッは応援になる

こんにちは。広報のひぐちあるのです。

いよいよ今回は、私たちが普段関わっているお仕事を紹介する #Casestudy シリーズ第1弾をお送りします!
といっても、がっつり濃厚‥というよりはさらりと読んでもらえるようにしていますので(心を込めて書いてはいますよっ)、気軽に目を通してもらえたら嬉しいです。

---

さて、先日3/11は多くの方々が新聞やテレビ、そしてネット上などで、『東日本大震災

もっとみる