20200507雨音慶

腕の中の陽だまり

腕の中の陽だまり

冬の終わりぶりに会った彼女の髪は伸びていた。 東京に住む日菜が初めて大阪のこの部屋に泊まりに来た日。確かあのときも同じくらいの長さだった。お互いの呼び方が、大晴くんからたいちゃんに、日菜ちゃんから日菜に変わり始めたばかりで、付き合いたての気恥ずかしさをまだ少し引きずっていた頃。 あの日と同じ、泊まりに来た日菜の机を拭く後ろ姿を見て、夕食後の洗い物をしながら、そのときのことをぼんやり思い出していた。 先に日菜をリビングに通して、台所でコップにお茶を注いでいた。会話の途中、

スキ
7
寄り添う陽だまり

寄り添う陽だまり

定時で上がれた木曜日。ちょうどお風呂を済ませたタイミングで、見計らったように電話がかかってきた。画面に表示された名前に、嬉しさと少しの緊張。思わず前髪を指で整えてしまった。一呼吸置いて、通話ボタンを押す。 「お、出た。もしも~し、彼氏で~す。」 おちゃらけた様子でちょっとからかうような、調子のいいいつもの声。 「もう家やんな?」 「うん、お風呂入ってた。」 大阪から東京へ、東京から大阪へ、「ただいま。」「おかえり。」なんて変な感じだけど。 温かくて、とても優しい元気印

スキ
12