飯田水引

効率重視の機械化に成功! 水引工場見学レポート@長野県飯田市 | #水引の自由研究 04

こんにちは! 紙単衣の水引デザイナー小松です。

ご祝儀袋に付いている紙紐「水引(みずひき)」。
その日本一の生産地である長野県飯田市で、素材の製造から結び細工まで手がける 株式会社神明堂 さんの水引素材の製造工場を見学してきました。
素材作りの効率化を徹底的に追求した機械生産の現場をレポートします!!

■特大サイズの原紙を小巻にして切断

製紙会社から届く水引の芯となる原紙は、1200m×17

もっとみる
嬉しいです!
5

「水引の歴史」をいらすとやさんのイラストで振り返ってみる | #水引の自由研究 01

こんにちは! 紙単衣の水引デザイナー小松です。

今回は日本の伝統工芸として知られる「水引(みずひき)」の歴史を、フリー素材サイト「いらすとや」さんのイラストとともにほのぼのと振り返ってみたいと思います。

●日本の贈答文化のはじまりは、小野妹子さんら一行

飛鳥時代に遣隋使・小野妹子さんら一行が隋から帰還した際に、答礼使が持っていた宮廷への贈り物に航海の無事を祈って紅白の麻紐が結ばれていました。

もっとみる
ありがとうございます
8

水引のお仕事依頼お待ちしています

こんにちは、紙単衣 の水引デザイナー小松慶子です。
お仕事依頼に興味を持っていただきありがとうございます。

プロフィールは、こちらをご覧ください。

お仕事メニューをご案内します。詳しい内容はkamihitoe.shop@gmail.com宛にメールでお問い合わせくださいませ。

●紙単衣オリジナル商品のお取り扱い

紙単衣オンラインショップをご覧いただき、ご検討の商品をお知らせくださいませ。

もっとみる
嬉しいです!
5

20年越しで見つけた水引デザイナーという職業 | 自己紹介

はじめまして、水引デザイナーの 小松 慶子(こまつ けいこ)と申します。水引ブランド「 紙単衣 - kamihitoe - 」を主宰しています。

小松慶子(こまつ けいこ) プロフィール
長野県飯田市生まれ。水引デザイナー。紙単衣 - kamihitoe - 主宰。
小学5年生の夏休みに自由研究で地元の伝統工芸「飯田水引」を調べたことが水引との出会い。
大学卒業後、東京でOLとして働いていたが、

もっとみる
嬉しいです!
16