水引デザイナー

創作の源であり続ける私的エンタメ体験史

こんにちは! 紙単衣(かみひとえ)の水引デザイナー小松です。

コロナウイルスの猛威、日に日に深刻化して恐いですね。経済的な面でも私もお店の営業を自粛したり、イベントが中止になったり、観光地等に卸している商品の売上が落ち込んだり…と様々な影響が出ています(涙。

そんな中でも3月中に新しくはじめたことが2つあります。
ひとつめは、おうち時間充実のためのオリジナル水引手作りキットのキャンペーン。3月

もっとみる
サンキュー♡
18

水引

イヤリングや

ピアスで

ハンドメイド作品に

お目にかかる水引

私も

やってみようと

意気込んで買った

これが

続かない…汗

なんでだろー

えー

やっとできた

水引の蝶々

ふふっ

って、笑いが出るほど

見本と違うよ

愛が足りないのか

技術か

愛か

奥が深い水引です

元気でます!
1

「寄付つき商品」の開発。作り手だからできる支援の一歩 | #水引の自由研究 10

こんにちは! 紙単衣の水引デザイナー小松です。

先日、令和元年東日本台風(台風19号)による信州被災地の復興を支援するため、1個あたり300円寄付できる商品「【ONE NAGANO】水引コードホルダー 復興支援限定カラー」を発売しました。

今回は、なぜこの商品を作ることにしたのか、私が扱っている「水引」という素材の特徴とものづくりの作り手ができる支援を考えてみた話をご紹介します。

企画のきっ

もっとみる
嬉しいです!
7

水引×ジュエリーブランドのコラボ商品「水引お祝いフレーム」ができるまで | #水引の自由研究08

こんにちは! 紙単衣の水引デザイナー小松です。

2月3日に新商品「水引お祝いフレーム」シリーズを発売しました。
”家族”をテーマにしたジュエリーブランド「KAZOKU JEWELLERY(カゾクジュエリー)」さんとコラボレーションした記念日を彩るギフト用品です。
商品とサービスに関する詳しい内容は、オンラインショップのブログに掲載しています。

noteでは、2ブランドが試行錯誤しながらコラボ商

もっとみる
ありがとうございます
9

きちんと知りたい! 「しめ飾り」を飾るお正月 | #水引の自由研究 07

こんにちは! 紙単衣の水引デザイナー小松です。

2019年も残り少なくなってきましたね〜。
そろそろお正月の準備が頭をよぎる方もいると思いますが、皆さんは「お正月飾り」を飾りますか? 飾る方はどう選んで、飾って、処分しますか?

今回は、令和最初の新年を心して迎えるべく、水引界の代表商品「しめ飾り」について、調べてみたいと思います!

■しめ飾りの基礎知識 Q&A

まずは、5つの基礎知識を確認

もっとみる
私からもスキ!
3

「人形劇 × 水引」 街の文化を融合させた感動アニメーション作品 | #水引の自由研究 06

こんにちは! 紙単衣の水引デザイナー小松です。

ご祝儀袋に付いている飾り紐「水引」。その日本一の産地として、長野県飯田市を何度かご紹介していますが、実は飯田市は国内最大級の人形劇イベントが行われる人形劇の街でもあります。

「水引」と「人形劇」、街を代表する2つの文化が掛け合わされて、2015年に市内で街のPR動画が作られました。家族愛あふれる感動アニメーション作品をぜひご覧ください。

■『想

もっとみる
サンキュー♡
7

野菜を結んで食べてみよう! 『野菜フラワーちくわ刺し』 | #食べる結び 02

こんにちは! 紙単衣の水引デザイナー小松です。

『食べる結び』マガジン 第2回目は、キュウリと人参を結んで『野菜フラワーちくわ刺し』作りに挑戦します♪

■材料
・キュウリ…1本
・人参…1本
・ちくわ…1本
・マヨネーズ…適量

作り方1:野菜を水洗いし、ピーラーで薄くむく

キュウリ、人参、ちくわを準備します。野菜は水洗いします。キュウリ、人参をピーラーで縦に薄くむきます。真ん中あたりが長く

もっとみる

『鶴亀祝い掛け時計』の作り方 | #ご祝儀袋リメイク 02

こんにちは! 紙単衣の水引デザイナー小松です。

以前購入した100円ショップのご祝儀袋を使って、リメイク作品を作る連載。第2回目は「鶴亀祝い掛け時計」作りに挑戦します!

実際に結婚式でもらうご祝儀袋は、種類がバラバラなので、全く同じものは作れないかもしれませんが、参考にしてみてください。

■準備するもの

材料:ご祝儀袋(表紙・水引)時計ムーブメント、文字板
道具:ハサミ、木工用ボンド、割り

もっとみる
ありがとうございます
1

「かわいい♡」が大衆化させる水引工芸の未来を考えてみる | #水引の自由研究 05

こんにちは!  紙単衣の水引デザイナー小松です。

少し前までご祝儀袋やお正月飾りでしか見かけなかった「水引」が、ここ数年ハンドメイド作家さんたちに「かわいい♡」と人気です。テレビや雑誌でも紹介され、商業施設でもアクセサリーや雑貨を見かけます。
「水引ブーム到来!」と明るい声が聞こえる一方で、「大切な何かが置き去りにされていくのではないか」と危惧する声も聞こえてきます。

今回は、そんな時代の流れ

もっとみる
嬉しいです!
35

効率重視の機械化に成功! 水引工場見学レポート@長野県飯田市 | #水引の自由研究 04

こんにちは! 紙単衣の水引デザイナー小松です。

ご祝儀袋に付いている紙紐「水引(みずひき)」。
その日本一の生産地である長野県飯田市で、素材の製造から結び細工まで手がける 株式会社神明堂 さんの水引素材の製造工場を見学してきました。
素材作りの効率化を徹底的に追求した機械生産の現場をレポートします!!

■特大サイズの原紙を小巻にして切断

製紙会社から届く水引の芯となる原紙は、1200m×17

もっとみる
嬉しいです!
7