離島の生活

十五夜(綱編み)
+5

十五夜(綱編み)

平野区では毎年十五夜に綱を編み、綱引き、相撲を行う風習があります。 今年は事情により綱編みだけ行いました。 昭和四十頃までは十五夜の綱は「葦(よし)」、十三夜の綱は「藁(わら)」とされていましたが、その後、いずれも「藁」でつくるようになりました。水田耕作などの関係で「藁(わら)」集めが困難となり、材料と人手不足から昭和五十二、三年頃から「藁(わら)」に変えて「萱(かや)」を利用するようになり、十三夜も取りやめることとなりました。 綱打ちは午後三時頃から始め、これに先立って各

スキ
1
11/15(木) 英治出版オンライン トークイベント【原田英治×太田直樹】

11/15(木) 英治出版オンライン トークイベント【原田英治×太田直樹】

みなさん、こんにちは。英治出版オンラインの山下です。11/15(木)夜7時から、英治出版(東京・恵比寿)で開催するトークイベントのご案内です。登壇するのは、英治出版代表で現在は島根県の離島・海士町に親子島留学中の原田英治。そしてNew Stories代表として未来のプロトタイピングに取り組む太田直樹さんです。 創業20年目の節目に、生活の拠点を島根県・海士町に移した英治出版代表の原田英治。英治出版オンライン連載「離島から会社を経営する」に日々の気づきを綴りながら生活をするな

スキ
5