金勝山

再生

巨石がある天狗の金勝山

ロケ:金勝山 機材:MAVIC AIR 2 ※包括申請許可済

スキ
20

思いと想いのエッセイ 「領域展開」

”パッ”と 目が覚める その日は何気なく過ごし 夜眠くなり寝て朝起きる そして”同じ1日”が始まる ”ループする” このループは中々抜け出せない 何故なら起きてない事に自分が 気づかないから 気づかないと 永遠に取り残される ”その世界”に ”時”は”止己” そもそも 時間は動いていない ”時計が動いている” 時間軸で物事を考えると “己が止まる” 要するにこれは誰かの ”領域展開” の中にいる ※呪術廻戦 すいませんミーハーで 領域展開は その領域

スキ
16

UP SIDE DOWN_Lyrics

UP SIDE DOWN Prod by 呼煙魔 なぁ椿 お前が生きてたのが嘘みたいだ 4年も引きずって俺は、、自分を憎んだ でもお前が来て俺は家族の存在に気付けた 雪の日とか、梅雨の晴れ間とか ふと立ち止まってよく考える お前が来た意味を 全部やり直し ゼロからのスタートだよ でも変わらず俺を待ってくれた仲間が手を引いてくれて だから絶対うまくいくっていう確信が今俺にはある 振り返ると全てが繋がってる おもしれぇよな ここから先が楽しみで死にそうだよ だから、だから今日く

UP SIDE DOWN_楽曲紹介

シングルプロジェクト第五弾。 金勝山が活動休止期間に経験した次女の死。後悔は振り返るたびに彼を襲ったが、それはいつしか原動力に変わった。 死の意味を理解し、復活までの心境を[呼煙魔]のビートに刻んだ今作[UP SIDE DOWN]。 前に進む為に敢えて立ち止まり振り返る。人生の天地逆転[UP SIDE DOWN]に焦点を当てた今作は、大切な人を想うリスナーの心に直接響く一曲となるだろう。 一度は地の底まで落ち這い上がって来たラッパーの生き様を聴いて欲しい。

スキ
1

覚醒 feat.南無3_楽曲紹介

シングルプロジェクト第四弾。 ついにフィーチャーリングを解禁。 今作は群馬のliving legend、[dixionareeds]から[num3(ナムスリー)] をフィーチャー。 テーマは「覚醒」 疲弊した世の中へ、ドープな処方箋だ。 プロデューサーは[呼煙魔]。潜在意識を連想させるカオスなビートがアンダーグラウンドからの叫びに拍車をかける。 2020年、こんな時代だからこそ聞いてほしい今作はリピート必須。龍虎相搏つフローの応酬はヘッズの耳を踊らせることとなるだろう

スキ
1

覚醒 feat.南無3_Lyrics

[南無3] 孤独 smoke 想像力轟く 驚く音楽クレイジー 作る金勝山と南無 攻める受ける 一太刀の言葉で共有する 美学 騒がす連動する力 行動力 目覚めの時間 本能に火をつける瞬間 言葉の運動能力 MAXに持ってく文壇 地獄の軍団を乗せた魔法の絨毯 Real life貫通する 言葉は銃弾 Good life café Fire game 地元をrepするhiphop game 時代を超えてまた 交わり出す 時代はchaosだから 時代に乗る 痛みは乗り越えた 悲しみは背負

スキ
1

再演_楽曲紹介

シングルプロジェクト第3弾。 今作は魂を共鳴させる兄弟との再会がテーマだ。 群馬県桐生市、 兄弟とは寝食を共にし過ごすも別の道へ。 そして6年、最高の形で再開。 現在はBONSHOTTA BROS.として共に活動している。 国道50号線、再会の感動、踏み込む右足、上がるスピード。 プロデューサーは今作も[呼煙魔]。 これは人生を飛躍させる再演を描いたリアルストーリー。 夢の続きへ足を踏み入れた証の1曲だ。

スキ
1

再演_Lyrics

[Varse1] ぬるいビールみてぇな夜風 花はしゅんと萎む 水もあげてねぇ 怖くて呼べなかった ”親父” なんて  だって背中、男、、広すぎて 決別をしたんだ 甘える自分を hate bad mind all day 無口な夫婦の定食屋で いつも読む comics と黄ばんだ献立 レバニラにビール いつものメニュー いつものように手酌でやって "自分の道行く"って言ったとこで 酒を注ぐ ビール瓶持って "お前気が早ぇよ でも後悔するんじゃねぇぞ" [hook] 右に出る

スキ
1

RECORDING

レコーディング。 5月から録り続けた6曲は、家から車で20分ATSUKIさんのSTUDIOに通って作っている。 [神龍]のMVをリリース後、ATSUKIさんが俺に連絡をくれてからの仲だ。 とことん俺のまがままを聴いて音の調整をしてくれる。今なお数ヶ月前にレコーディングした曲のミキシングをしている日々。ほぼ毎日連絡を取り合って音の"鳴り"を調整している。 7月は大阪でレコーディングした。KOJOEさんのJ.STUDIOだ。元々、東京中野にあった。 J.STUDIOが出

スキ
1

P-WORLD_Lyrics

[Varse1] そうだ!奴に phone call 少し風吹く外 俺は物陰に隠れてタバコ 吸い込む時はお互いが無言になって表面的、、 風の音 Oh... first time thirteen ガキの頃 のめり込むの早かった結構 特別扱い俺とdiffernt そこ、turning point stay tuneなのか 開けてきた扉の枚数 いつできる?明日?繰り返す 当時の地元の仲間 nothing truth 生き残った Me&You Time up "またな"って電話を切

スキ
2