逃亡犯条例

#国家安全法制について

のちに「稀代の悪法」と呼ばれる1928年治安維持法の改正案は、帝国議会に提出された。最高刑を死刑にし、取り締まりの対象を広げる内容は受け入れられるはずもなく一度廃案となった。そこで当時の内閣は、天皇の名のもとに緊急勅令を発する禁じ手を使った。議会をないがしろにするやり方は、国粋主義の憲法学者ですら非難した。

 それから100年近く経った今、中国共産党が「国家安全法制」を香港に導入しようとしている

もっとみる
よろしければシェアもお願いします。
1

今も続いている香港デモってそもそも原因は何なの?

【ヘッダー】photo by unific

2019年香港民主化デモは、2019年3月から今も継続して行われているデモ活動です。

今も行われている香港デモについて、どうしてデモ活動が行われたのか。どうして今もデモ活動がしているのか。についてまとめてみました。

最初に結論として、簡単にまとめるとするならば
「中国の法律では裁かれたくない、もっと香港は自由でありたい。」
ということになります。

もっとみる
嬉しい限りです。

香港デモ いったい何が起きてるの?

🐽🐽🐽🐽🐽🐽🐽🐽🐽🐽🐽

こんばんわ

前からニュースで 香港デモ のこと
やってるけど…

なんで香港でデモが起こってるの?

5分の動画でわかりやすく?
まとめてみました!

よろしければご覧ください

もっとみる

香港デモについてと行方は・・・

こんにちは。稲垣です!!
 今、毎日のようにニュースで話題に出てる香港デモ。とうとう一昨日、東京農業大学の男性学生が逮捕・拘束され(=翌日釈放されました。)日本人にも巻き込まれたこのデモ。今後どうなっていくのだろうか?誰が仕切って収まっていくのか?

 そもそも1997年に、イギリスから中国に返還する際に、香港に人権や自由などを保証するために出来たのが「香港特別行政区基本法」だそうです。これによっ

もっとみる

今、香港で起きていることに関心を持って欲しい…

今、香港で起きていることに、もっともっと皆さんに関心を持って欲しいと思っています。というのは、これは世界にとって、とても大きな問題、差し迫ってくる問題であるからです。

香港はもともとイギリス統治下にありましたが、1997年7月1日に香港の主権を中国に返還し、一国二制度をもとに社会主義政策を将来50年(2047年まで)にわたって香港で実施しないことを英中で約束しています。香港に行ったことのある方は

もっとみる
ありがとうございます!!!
16

いまの香港デモに思うこと。香港人加油~!

外務省の雑誌「外交」の最新号に香港外交専門家の倉田さんの論文が掲載された。

香港デモ 暴力の論理
米中を巻き添えにする絶望の戦術とはhttps://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000521220.pdf

・始まりは6月9日の106万人の逃亡犯条例の改正案に対するデモ。
・キャリーラム行政長官の逃亡犯条例撤回は、5つのうちのひとつであり、ひとつも欠けてはならないという香

もっとみる
よろしければシェアもお願いします。
17

『【香港デモ】 #アグネス・チョウ #モーメント 更新停止のお知らせ』 #周庭 #逃亡犯条例 の抗議活動は、#雨傘運動 と違って節度がない。
空港占拠したり、通行人が巻き添えくらったり、もう、大儀はない!! #アメブロを見てhttps://ameblo.jp/sadohimajin/entry-12523606691.html

スキ頂き、ありがとうございました。

香港の逃亡犯条例撤廃とこれから

9月4日ついに今年の大規模デモの発端となった逃亡犯条例が完全撤回された。香港の人たちの努力、粘り強さの賜物であり、同時に香港と人生の一時でも関われた者として嬉しく、誇りに思う。一方で懸念は消えない。当初は香港政府に向けての抗議活動であったが、途中からは業を煮やした中国共産党が前面に出ており、抗議の対象も次第に中国共産党へと移行しているからである。共産党は面子を潰すことを良しとしない。今回の決定も1

もっとみる

英国総選挙? 香港、「逃亡犯条例改正案」を正式撤回、アルゼンチン部分的債務不履行... - 揺れ動く世界情勢とマーケット。

8月31日付の投稿「ボンド回顧録 其の2」で書いたばかりだが、さすがイギリス人、予測通りに早速「総選挙」の話が持ち上がってきた。イギリスの総選挙では本当にろくな目にあっていない。損をした記憶のみである。

 筆者はポンドを買い込むタイミングを計ろうとは思っているが、相当な相場変動を覚悟しなければならないだろう。何しろシナリオが①EUとの合意なき離脱、②EUと合意の上離脱、③離脱期限の延期、と相場の

もっとみる
スキ頂き、ありがとうございました。