談話室

談話室No.4 「強さ」と「競争」を至上原理とする社会

効率的な社会、均質な社会、「弱さ」を排除し、「強さ」と「競争」を至上原理とする社会は、本質的な脆さを抱えている。       〜辻信一〜

 「成り上がり」の主人公たちが身にまとう、あの独特なオーラやカリスマ性は、多くの人を魅了するのでしょう。あの豊臣秀吉も、あの岩崎弥太郎も。

 今回の文春砲で話題になったM氏についても「成り上がり」をキーワードとしたネット記事が掲載されていました。才能もあって

もっとみる
コメントも是非!
2

談話室No.3 自分だけは助かるかもしれないという幻想

人々は競争という仕組みの中で、       自分だけは助かるかもしれないという幻想で  生きている。         〜高橋源一郎〜

 自粛が解けて、休日に少し買い物にと思い外出してみると、意外にも外出している人の多さに困惑します。「おそらく自分は感染しないであろう」と、自分を含め、多くの人が心底では思っているような気がします。
 
 あのコービー・ブライアントの死に驚いたことは記憶に新しいです

もっとみる
コメントも是非!
3

談話室No.2 「これは敵だ」と思いなす「私」

「敵」をなくすには、「敵」をなくすのではなく、「これは敵だ」と思いなす「私」を消してしまえばいい。論理的にはたしかにそれしか解がないのである。       〜内田樹〜

 社会の中で生きるということは本当に大変難儀なものです。自分の好きなこと、好きな人、そういうものばかりに囲まれて生活するということでは、本当の意味での「社会」になり得ません。やはり、社会には嫌いな人もいるし、嫌いなこともこなさなけ

もっとみる
共感していただける方はフォローもお願いします。
1

談話室No.1 「思い通りにいかない自然」

いまこそ「思い通りにいかない自然」から大いに学ぼう             〜養老孟司〜

 新型コロナ・ウィルスによる誰も想像しえなかった事態は、私たちから多くの日常、つまり「当たり前」を奪っていきます。しかし、この「当たり前」は「思い通りにしよう」という私たちの妄念(迷いの心)が招いたものです。

 数少ない恩師の1人、ある先生の言葉を思い出しました。「平等で多様な〈弱きいのち〉の連帯へ」です

もっとみる
共感していただける方はフォローもお願いします。
2

腰痛がひどくなりつつある

ここ2日、noteの更新をサボってしまった。

更新しなかった理由は、腰痛がひどくなって椅子に座っているのが辛くなってしまったことによる。今日は湿布を貼って何とかしのいでいる。

1年前にギックリ腰をやって以来、定期的に整体に通っていたが、緊急事態宣言後に休業に入ってしまった。ホームページを見ると今月いっぱいは閉めて、来月から再開となっている。そこまで、持ちこたえなければ。

昨日は就労支援センタ

もっとみる
ありがとうございます!
2
共感ありがとうございます。
2

連載『オスカルな女たち』

《 そうするための… 》・・・7

「おや、今日は早いね」
「操(みさお)先生…」
「特患さまは今日も機嫌かい?」
「はい。疲れさせてもいけないと思いまして…」
 そう言って織瀬(おりせ)は操に会釈した。
「疲れるようなことしてないと思うがね」
 少々呆れ気味に〈ファミリールーム〉に目を配る。
「それでも、一日中お邪魔してるわけにもいかないので」
 そう言って織瀬は笑った。
「笑えるようになったん

もっとみる
まちくたびれちゃったよ
19
共感ありがとうございます。
2

入院18日目CT検査造影剤なし

6月28日息切れがひどく近隣の内科で診てもらったところ救急搬送されることになり
#うっ血性心不全
#心筋梗塞
と診断されそこから7月19日までの23日間入院することとなってしまいました。 その入院で #動脈硬化 がみつかり #冠動脈バイパス手術 を受けるために #心臓外科 のある病院に8月7日に入院しなおし、8月14日に予定していた手術を無事終えましたが、その後の回復が思った以上に悪くいま

もっとみる
超超大吉🤗ぜひ二俣川にお越し下さい👍✨

渋谷の昼下がり談話室 #7

2019年6月12日(水)15:00〜15:30

00:00 | 00:30

●パーソナリティー
イラストレーター/小説家 長谷川純子さん

※これは下ネタを伝えているのではありません。あくまで文化教養を伝える放送です。

ぽっくりサンダルで雨の中、近所のスーパーへ行ったハセジュン…。
悲劇はそこにありました。
中年が調子に乗って、履くもんじゃない…。

という事で今週は…
中年について。モワッと臭う、おじさま臭さ・おばさま臭さについて考える放送に。

・「中年」ってどこか

もっとみる