自動運転社会

自動運転の今、そしてこれから

<自動運転とは>
皆様は「自動運転車」と聞くとどのような車を思い浮かべられるでしょうか。
自動運転は一般的に「レベル0」を完全な手動運転とした上で、5つのレベルに分類されています。
レベル1(運転支援、フットフリー):ハンドル操作またはアクセル・ブレーキ操作の自動化
レベル2(部分自動運転、ハンズフリー):ハンドル操作とアクセル・ブレーキ操作の自動化
レベル3(条件付自動運転、アイズフリー):一定

もっとみる

自動運転車の普及の仕方の予想

自動運転車がどんな風に普及していくのかを考えてみました。

初期段階

 最初はタクシーとしての活用だと思います。スマホで呼んで、行き先を指定し、スマホ決済で支払う。
 自動運転の実現には車側だけでなく道路のデータ整備も必要みたいです。
 カーナビマップの高度なものという感じでしょうか?ダイナミックマップというものになるみたいですが(https://www.dynamic-maps.co.jp/

もっとみる

日本のビバリーヒルズ「芦屋ハイランド」のさらに上、東六甲展望台で極上ノマドワークをキメる!|神戸〜淡路島で欲張りバンライフ③

食べたいと思ってた「淡路島いちじく」をいただいたので、
早速バンで朝食。

ふっくらとした実、色も甘さもバツグン👌

瀬戸内海に面した温暖な淡路島の特産品。
西日本一なんだそう。納得!

さあ、今日はどこへ行こうか?



ここ一番で天気が良い、つまり暑いので、
六甲山でノマドワークすることに決めた。
標高650mの山頂は、きっと涼しいに違いない。

というわけで、湾岸沿いを飛ばして
15分で

もっとみる

思いつきでサクッと淡路島で釣り&料理!のおいしい休日、そして子どもたちの夢のまち神戸|神戸〜淡路島で欲張りバンライフ②

仕事終わりに
明日何しようか考えていたら、思いついた。

そうだ、釣り行こう!

なにより、神戸から淡路島までめちゃくちゃ近い。
明日は天気も晴れるらしいし、バッチリ!

というわけで、思いつきで
サクッと淡路島へ。
雨でセクシーな明石海峡大橋を渡る。

島の友人と老若男女問わず地元の人が集まる居酒屋へ。
角の立つ刺身、淡路牛、地鶏、スライスオニオン、、うまー!

さくっと島のおいしいものを堪能。

もっとみる

神戸のうまいもんでサクッとピクニック&ノマドワークからのサクッと淡路島へGO!|神戸〜淡路島で欲張りバンライフ① #島都市デュアル

港町の朝は早い。
窓を見上げるとレンガ造りの建物が。
明け方に降った雨が朝日にふれてキラキラと演出を添えてくれる。

ここは古い洋式倉庫が立ち並ぶ倉庫街。
日本にいるのではないように感じる異国情緒は、
開港150年を迎えた港町神戸ならでは。

その一角にあるのが、KIITO、デザイン・クリエイティブセンター神戸。
もともとは生糸の生産工場だったここもリノベーションされて、
いまではクリエイティブセ

もっとみる