「しあわせのかたち」読んだ

笹塚心琴さんの小説「しあわせのかたち」を、けっこう前に購入させていただいたのですが、他の色んな本と一緒に積みあがっていて……やっと読めました!

解離性同一性障害(多重人格)の青年、裕明はパートナーの美奈子と暮らしている。
ある日、二人の住む街で少女が連続して惨殺される事件が起きた。
その事件にどうも、裕明の別人格が関与しているらしくて―――
(カバー見返しのあらすじ紹介より)

この紹介文と登場

もっとみる

現代語俳句を詠むということ ~エッセイ~ 寄稿

~ご寄稿文ご紹介~

ご寄稿 笹塚心琴さん

『 現代語俳句を詠むということ 』

おはようございます、笹塚です。急に暑くなってきました。真冬生まれのせいか暑さは苦手で、さっそく扇風機が活躍しています。

さて、私は今「 #現代語俳句の会 」に参加しています。そこで今日は現代語で俳句を詠んでいく中で日頃感じていることを書いてみようと思います。

一瞬という点を収める

俳句を始めてから、日常の

もっとみる

笹塚心琴ちゃんの新作小説「コトノハ」完結!あなたに必要な物語かもしれない

みなさんこんにちはー、ほしちかです。

noteで出会ってすっかり仲良くなった私のお友達、笹塚心琴ちゃん。東京と北陸と離れた距離に住んでいるのに、すでに三回も一緒に遊んだことがある私たちです(笑)

今日は彼女の素晴らしい作品群について紹介させてください。

私が心琴作品を知ったのは、たしか現代詩から。

とにかく、彼女の詩は読んだときから「なんだこれ」って感じで衝撃だったんですね。私は言葉を扱う

もっとみる
小説・エッセイ・短歌書いてます。よろしくお願いします♡
28

『しあわせのかたち』 カバーデザイン

笹塚心琴さんから最新著書『しあわせのかたち』をご恵投いただきました。ご紹介いたします。

笹塚さんの前著『光の花束』に続いて今回もカバーデザインを担当いたしました。

心琴さんのエントリーにもありますように、わたしはこの作品をクライムサスペンスとして読みました。かなりスリリングな展開が待っています。

文学フリマが中止となってしまい、すぐにお手に取ることができないところではありますが、少しだけデザ

もっとみる
サンキュー。夜のインクが楽しい夢を綴りますように。
10

うたうたいのちびまゆがおおくりする #なんちゃって音楽トークバラエティー ゆるスト。
好きなこと 好きなものを 好きなだけ語り倒しますw

なんやかんや自己満PLAYBACKを喋り倒して
結局こんなに長くなってしまったと言うw
もーまじで しつこくてすいませんwww
でも 今年お世話になったりご一緒させて頂いた皆さんとの作品のご紹介やご挨拶を精一杯させて頂きましたので
良かったらちょっとずつでも

もっとみる
で、照れるだお…(///∇///)
18

【まとめ】そのうち草さんがやるかも知れない企画のプレ企画・47都道府県名物を自由律俳句で~北から南から日本列島の令和こんにちは~♪

お気軽参加型をモットーに、突如、出現した企画でしたが、たくさんの方にご参加戴いて無事に47都道府県を制覇出来ました!
皆さま、本当にありがとうございました!

皆さまの句を、こちらのようにまとめさせて戴きました!
画像編集・提供は吉田翠さんが申し出てくださり、ハガキのような仕上がりとなっております。
ブラウザの方からダウンロード出来るようになっておりますので、どうぞ皆さま、記念にお持ちになってくだ

もっとみる
ホンキにしていいか?♡
58

笹塚心琴さんの作品を大人買いさせていただきました

noteで仲良くしてもらっている、かつその作品を私が敬愛している、笹塚心琴さん。私は「こことちゃん」と呼んでいるのですが、東京や金沢で一緒に遊んだりしている、とても大切なお友達なんです。

先日「こことちゃんの作品、在庫あるものぜんぶ買いたいから買わせて!」とワガママを言いまして、noteのサポート機能を使って買わせていただきました!

そして、今日笹塚心琴作品集が、うちに届いたというわけです!

もっとみる
コメントも歓迎します!あなたのページも見に行きたいな。
42

笹塚心琴 「光の花束」 レビュー ランパトカナルの導く逃避行

笹塚心琴さんの新作小説「光の花束」を紹介します。こちらは、先日5/6に行われた第二十八回文学フリマ東京で販売された作品です。あらすじを引用します。

中堅精神科医の森下芳之は、ある日の夜勤明けに、若き男性患者・篠崎隼人と出会う。彼の口から繰り返し漏れる「ランパトカナル」という謎の言葉。その意味がほどかれ、彼の過去が暴かれるとき、二人の間に訪れる不可思議な絆。それを、誰が、咎めることができるだろうか

もっとみる
サンキュー。昼の星の瞬きが瞼の裏にありますように。
7

文学フリマに行ってきました! 笹塚さんのブースへ。カバーデザインを行なった「光の花束」をご恵投頂いたので、近い内にあらためてレビューしたいと思っています。手元に持っていない二冊も購入できて満足。会場では冷や汗と目眩が止まらず、他のブースへの訪問は断念。次回は色々立ち寄りたいです。

サンキュー。袖口から花びらが甘く香ってこぼれますように。
12