営業しない営業

「音楽の美は、その一瞬の短さにおいて生命に似ている。」
 三島由紀夫

「営業しない営業」

今日は僕の本職?セールスの話を。

というのも、今年に関しては、
ほぼ自分の目指していたセールスの状況にようやく到達したように思えたからかもしれない。

半年の期間で一年間の目標達成に関する見込みがついたからだ。
(個人の目標で全体の目標のためにこれから専念できる)

一言でいうと、紹介だけで目標を達成す

もっとみる
ありがとうございます!励みになります!
9

ピアノの生徒を増やしたい!!!

「風は見えなくても風車は回っている。
 音楽は見えなくても心に響いてくる。」J.S.バッハ

『本気でピアノの生徒を増やしたい!
 そう思ったら最初にすることは・・・』

ピアノの生徒を増やしたい!

もしもあなたがピアノの先生でそう思っているなら、
それは理由がどうあれ、
音楽の普及が進むと考えるからだ。

ただ、生徒を増やしていくうえで
最初に気をつけるべきことは、
ピアノのレッスンの内容なん

もっとみる
ありがとうございます!励みになります!
1

音楽は言葉をこえる

「音楽は人間が言葉で言えないことで、しかも黙ってはいられない事柄を表現する。」ヴィクトル・ユーゴー

音楽は言葉をこえる

言葉以上の物事を伝えることができるという意味でもある。
実際、東北の楽器店さんがこの言葉をモチーフに素晴らしい
動画を作成していた。
ぜひ皆さんも見ていただいて心を震わせていただければと思います。

東山堂 Youtube でぜひ検索してください。

そして同じように言葉の内

もっとみる
ありがとうございます!励みになります!
2

夢のある小さな音楽会

「人生はピアノのようなもの。なにを得るかはどうプレイするか次第だ。」by トム・レーラー

今日のタイトルは
「夢のある小さな音楽会」

この演奏会のタイトルは僕が会社でピアノ曲の素晴らしさを
伝えるために考えた演奏会のタイトルで
新型コロナウィルスの感染が拡大する前に
1年に1〜2回程度実施していたコンサートのタイトルだ。
(大体都合15〜20回ぐらいはやったかな)

このコンサートのタイトルに

もっとみる
ありがとうございます!励みになります!
1

オーボエ オンラインレッスン♪

こんにちは⛄❄

デンマーク在住のオーボエ奏者、谷 依里香(えりか)です 🇩🇰

オーボエ オンラインレッスン生徒さん大募集♪

楽器と、インターネットの入る環境と、スマホかパソコンをご用意できる方でしたら、どなたでも大歓迎です🤗!!

お家から、練習室から、遠く離れたデンマークと繋がって、一緒に音楽を作りませんか?🧜💕

オーボエを始めたいと思い立ったばかりの方も、部活だけでなくもっ

もっとみる

当たり前を考える

「音楽には良い点がひとつある。音楽に胸を射貫かれても、痛みを感じないんだ」by ボブ・マーリー

今日は何を当たり前と感じるかが成果を決めるという話。

私はピアノの営業でもあるし、営業のマネージャーでもある。
幸いなことに今年の1月21日から同僚というか
指導する新入社員が入社した。

彼はピアノの演奏を専門的に学んだり、調律を学んで
実際に仕事としていたことがあるが、
ピアノの営業を専門的に経

もっとみる
ありがとうございます!励みになります!
1

ピアノの営業が最も嬉しい瞬間!!!

「草のそよぎにも、小川のせせらぎにも、
 耳を傾ければそこに音楽がある。」バイロン(英国の詩人)

ピアノを含めて鍵盤楽器の営業をしている中で、
心から喜べることがあるのは、
販売した生徒が以前よりもピアノやエレクトーンのことを
どんどん好きになっていることを実感できるときです。

今日はそんな生徒さんのお話を。

ヤマハ音楽教室の中でも特別なコースに
ジュニア専門コースというコースがあります。

もっとみる
ありがとうございます!励みになります!
1

子供に練習してもらうには・・・

ピアノを習い始めたお子さんが
自分から練習を進んでやるということはとても珍しい。

これまで関わってきた生徒を見ても
特に低年齢であればあるほどその傾向は強く、
自分から進んで毎日練習するという生徒はなかなかいない。

また、保護者の方の関わりについても
お子さんと練習するときに子ども任せにするという
保護者の方も多いのも事実です。

ことピアノに関しては、
水泳やサッカーや体操などの習い事のよう

もっとみる
ありがとうございます!励みになります!
3

生徒が目標を持つことで・・・

「もっとも重要なことは前のより良くなるってことだ」
         by シド・パレット

3年ぐらい前から関わっている今7歳の生徒さんが
今回の主人公です。

今の彼女はピアノが好きで好きでたまらないようで
先週の終わりにもグレード試験を受験して
昨年の夏コンクールで演奏した時よりも
とても成長した姿で曲目を演奏してくれました。

そんな彼女もピアノに対して
ちょっと前向きになれないということ

もっとみる
ありがとうございます!励みになります!
3

生徒がピアノを選ぶなら・・・

「彼は何千人もの人に聴かせるように弾くが、
 私はただ一人の人に聴かせるために弾く。」
   By フレデリック・ショパン

先週の土曜日の話です。

ピアノの展示場に1組のお客様がきてくださいました。
6歳のピアノを始めたばかりの女の子とその弟くんと
ご両親の家族でした。

お母様はご実家にピアノをお持ちのようでしたが、
今住んでいる場所にそのピアノを持ってくるということが
難しいようで、お嬢さ

もっとみる
ありがとうございます!励みになります!
4