東京怪奇酒

実家に帰ってたりで超超遅ればせながら、ようやく東京怪奇酒6話目みれた~!💦大島てるさんと三上編集長のラスボス感がすごい!そして机に積まれたムー(笑)杉野さんの怪演技もよかったな~第二期あればいいな~👻✨

ありがとうございます!また宜しくお願いします(^^)
4

怖いけど面白い!すべて実話の怪奇グルメ漫画 『東京怪奇酒』

私は基本的には怖がりです。

子供の頃は、夏休みになるとお昼のテレビ番組で放送されていた、心霊体験を再現ドラマにして検証する特集コーナーが怖すぎて観られなかったり、超常現象を特集した番組に出てくる宇宙人に怯えていたり、幼児向けの言葉の教育番組で大活躍していた「はにゃ」が口癖の埴輪の王子さまをなぜか異様に怖がったりしていました。

今では平気なことが増えてきて、埴輪の王子さまも大好きですが、怖いもの

もっとみる
嬉しい!また見てくださいね
5

エクストリーム飲酒『東京怪奇酒』

上記のツイートは3月26日に最終回を迎えた、テレビ東京のドラマ「東京怪奇酒」に対する私の感想です。

まず「東京怪奇酒」って何よ?って話なんですが、ドラマの原作……というか元ネタ?になったのは清野とおるさんの漫画です。

『心霊現象や怪奇現象が起こったとされる現場で、感情を派手に揺さぶらせながら飲酒するエクストリーム行為。それが「怪奇酒」。』(※「ゾクッ東京怪奇酒」カバー折り返しより)

要するに

もっとみる
あなたの記事にもスキがつきますよ

21/03/26(金)25:07 ドラマ25 東京怪奇酒 最終話

“怪奇酒”にのめり込む杉野は、普通の心霊現場では満たされなくなってしまい“事故物件の聖地”ともいえる危険なアパートを訪れる。杉野は帰還できるのか!?ついに最終回。

今回の見どころ

普通の怪奇酒では満たされなくなった杉野は、さらに強い刺激を求め、事故物件サイトの管理人「大島てる」のもとへ。そこで紹介されたのは“事故物件の聖地”ともいえる全階いわくつきのアパートだった。今までとは桁違いの霊の気配を

もっとみる
ありがとうございます!これからもテレ東電鉄をよろしくお願いします!
2

東京怪奇酒5話目👻
杉野さんが霊現象関係なく色々とヤバい方向に(゜_゜;)!笑
次回は満を持して編集長が登場ですね🙆

ありがとうございます!また宜しくお願いします(^^)
4

21/03/19(金)24:52 ドラマ25 東京怪奇酒  第5話

俳優の杉野遥亮は、ビビリ克服のために始めたはずの“怪奇酒”にすっかりハマっていた。杉野に影響を受け、岡山天音も怪奇酒をしたいというので、吉本の劇場へ向かう。

今回の見どころ

杉野は岡山天音と一緒に、ヨシモト∞ホールへ。人気怪談家芸人・ありがとうぁみや、生き霊が見える芸人・シークエンスはやともに怪談話を聞くと、その日の深夜、劇場で怪奇酒を始める。怪奇酒初心者の岡山天音は、子どもの霊がいたという舞

もっとみる
ありがとうございます!これからもテレ東電鉄をよろしくお願いします!
2

遅ればせながら、録画していた東京怪奇酒の4話目を見ました~🙆
回を重ねるごとに杉野さんが狂気的になっていっているのがいいですね👻✨

ありがとうございます!また宜しくお願いします(^^)
2

21/03/12(金)24:52 ドラマ25 東京怪奇酒  第4話

俳優の杉野遥亮は、ビビリ克服のために心霊現象が起こった現場で夜通し酒を飲むという“怪奇酒”をはじめる。いわくつきのラブホテル。ノートをめくった先にあったのは…!?

今回の見どころ

今回、杉野はOKAMOTO’Sから紹介してもらった怪談好きミュージシャン、Creepy NutsのR-指定に話を聞く。R-指定は元カノと昔訪れたラブホで強烈な心霊体験をしたという。そのホテルに杉野が行くと、山盛りの塩

もっとみる
ありがとうございます!これからもテレ東電鉄をよろしくお願いします!
2

21/03/05(金)24:52 ドラマ25 東京怪奇酒  第3話

俳優の杉野遥亮は、ビビリ克服のために心霊現象が起こった現場で夜通し酒を飲むという“怪奇酒”をはじめる。事故物件で聞こえる謎の金属音。鳴り響く先にあったのは…!?

今回の見どころ

「事故物件住みます芸人」の松原タニシに勧められて杉野が向かったのは、孤独死した男性の住むアパート。マジメな人だったが、遺品整理にきた娘にHな本のコレクションが見られてしまったという。そのためか成仏できず、未だにその場所

もっとみる
ありがとうございます!これからもテレ東電鉄をよろしくお願いします!
1

2021年2月に買ったマンガを簡単にふり返る

2月は何かとnoteに気が向かなかったから、取り敢えずまとめくらいはちゃんと書かなければ‼︎ いい漫画との出会いも多かった。

地図にない場所 1巻

「天才だった」中学生男子ユートが、天才である事を捨ててしまったバレエダンサーのコハクとひょんなことから出会ってから始まる「終わりの始まり」の話。全能感の無くなった中学生の厄介さは身につまされるところではあるが、意外とそこからは明るい話になっていくよ

もっとみる
ありがとうございます!(神様のバレーより)
5