見出し画像

ドラマ日記『東京怪奇酒』(第0話)

あく

ブレイクする俳優の一つのパターンとして、その前年に怒涛の出演ラッシュがあります。事務所がブレイクに向けて力を入れている表れでもあるでしょうし、業界内ですでにそれだけの需要があるとも言えるでしょう。

例えば、2019年にブレイクした吉沢亮さんは、その前年に映画8本、連ドラ2本に出演。同じく2019年ブレイク組の山田裕貴さんも、前年は映画7本、ドラマ6本に出演。2018年ブレイクの中村倫也さんの場合、前年の映画は5本、ドラマ8本、という具合。

杉野遥亮さんも、2017年頃から、映画とドラマ合わせて、毎年10本前後の作品に出演するネクストブレイク俳優ですが、今年は年初からテレ東ドラマ2作品に連続主演することが発表されていて、8日に『直ちゃんは小学三年生』がスタートしたばかり。

そんな杉野さんの新たな主演ドラマ『東京怪奇酒』情報が解禁。原作は、テレ東ドラマ『山田孝之の東京都北区赤羽』『その「おこだわり」、私にもくれよ!』の原作者でもある、漫画家の清野とおるさんの同名漫画。ちなみに、清野さんは壇蜜さんの夫。

海外ホラー映画の主演オファーが来てしまった俳優の杉野遥亮。漫画家の清野とおるから「怪奇酒」についての話を聞き、実際に心霊現象が起きた場所で、一人で飲む体験をすることにして…というストーリー。

毎回、実際に心霊体験を経験した「怪談マスター」が登場するようです。ホラー重視になるのか、ある種の酒飲みドラマになるのか、ちょっとわかりませんが、面白そうです。

脚本は『全裸監督』『新宿セブン』などの山田能龍ほか。深夜は怖いので、昼間にTverで見ようかな。


この記事が参加している募集

コンテンツ会議

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!