月1万円飲食店支援

望まない値引き

中々戻らない客数。 「早く集客しなきゃ!」と焦っている方は 続きをお読みくださいね。   まず第一に 「集客で値引きや割引を行わないとお客さんは来ない!」 と思っていませんか? それは大きな間違いです。 値引きや割引でお客様は来店はされます。   しかし、それは来店きっかけのひとつにすぎません。   数多くのうちのひとつです。 他にも来店するきっかけはたくさんあるのに わざわざ利益を圧迫するものを選択している。   それを今日は胸に留めていただければと思います。   「でも

スキ
3

新人教育に必要なのはアドバイスではない

このタイミングでたくさんの相談を受けるのが新人教育です。 営業再開で新人スタッフを採用したお店が多い。 あなたのお店は育成で悩んではいないでしょうか?   もし、スタッフ新人教育でうまくいかないことがあれば 続きをお読みくださいね。   あえて強い言葉をタイトルにしましたが、 新人教育にアドバイスは不適です。   「え?」 と思われると思いますので 誤解がないように書かせていただくと、   アドバイスは、助言・忠告・勧告です。   新人スタッフにアドバイスによる教育は重要なピ

スキ
2

残り61日 置いて行かれるな!

10月を振り返り11月、12月はどんな風に動きますか? その行動次第で年末のあなたの表情が変わります。   今日で10月も終わり今年もあと2か月。 あと61日しかありません。 今年は稀な年でした。   まともな営業が全然できずに協力金で凌ぐ。 しかも協力金が出ていない地域では、 キャッシュが出ていくばかり。   協力金が出ている地域でも スタッフの維持とモチベーションの維持が課題となり 通常営業と比べて心と頭が披露する。。。 そんな年であったと思います。   それも10月まで

スキ
1

アブノーマル商品は伝えよう

「当店の○○はこうなんです」 実際に先日あった言葉です。 あなたのお店はこの言葉はないでしょうか?   この言葉の危険性を今日はお伝えします。 経緯を伝えるのが一番わかりやすいのでお話いたします。   ラーメン店でつけ麺注文。     ↓ つけ汁注文後1分で到着。 (この時点で50℃くらい)     ↓ つけ麵の麺到着5分後。 (つけ汁さらに冷める) なのでつけ汁の温めをお願いすると、 「当店のつけ麺はこうなんです」   さらにレンジでもいいから温めをお願いすると 「レンジ

スキ
2

コンサルタントの使い方

今、何かしらのコンサルタントと契約されている方や 会員に入会されている方は今日のブログをお読みくださいね。   コンサルタント。 実に怪しい。 実際に中には高額な顧問契約を結んで 成果が全くでないなんてことも聞きます。   基本的にそういうコンサルタントは、 自分や他の成功をそのまま持ってきて 同じように当てはめようとする方に多いかと思います。   お店によってさまざまな条件、要件が異なるのに 自分の過去の成功体験だけを持ってくる。   それは上手くいかないですよね。   成

スキ
4

「コロナ前の客数が戻ってこない…。」今すべきことは○○

「コロナ前の客数が戻ってこない・・・。」 今一番の悩みはこれだと思います。 少しでも当てはまるなら続きをお読みください。   今の客数が戻らない原因の一番は 「忘れられている」 これが一番大きな原因です。   ずっと1年8か月もまともに外出していない。 そして外食も数えられるほどしか行っていない。 そうしたら、お店の存在が頭の片隅に残っていないですね。   「あっ、そういえば・・・」 というくらいまで記憶に薄くなっています。   なので今は、兎に角思い出してもらう必要があ

スキ
3

あなたのお店の利用動機はいくつありますか?

制限解除された地域で平日の集客に苦戦しているお店を多く見かけます。 あなたのお店はいかがでしょうか。 その時、まずはあなたのお店がマルチ利用動機になっているかチェックしてみてくださいね。   「マルチ利用動機?」と思われる方はブログを続けてみてくださいね。   マルチ利用動機は、 「複数の利用動機」。 様々な利用動機に対して利用されるかどうかです。   例えば、カフェ業態だと 食事をメインに揃えるだけでなくて デザートもしっかりと専門店としても通じるように 商品をブラッシュア

スキ
3

注意すべき営業時間制限解除

あまり深く考えないで制限解除に対応すると後悔することになると 思いますのでブログに書かせていただきますね。 ついに制限解除され対応としては大きく2つにわかれましたね。 ひとつは以前の営業時間に戻す対応。 もうひとつは、段階的に営業時間を戻す対応。   それぞれの経営判断でどちらかを選択しています。   業種業態にもよりますが、 この対応はとても大事だと思います。   まずは、営業時間を以前と同じ状態まで戻した場合。   その分、スタッフを配置しなければならず、 人件費が増え

スキ
6

海賊王におれはなる!このフレーズは飲食店にも効果的

有名なフレーズ。「海賊王におれはなる」 これを意識することで飲食店は集客や客単価アップに繋がります。 すぐにでも出来ることなのでぜひ、続きをお読みくださいね。   「海賊王におれはなる」   通常でしたら 「おれは海賊王になる」ですよね。   これをあえて印象付けたいことを前に持ってきています。 これを飲食店に当てはめると、   ・はまぐり(千葉県産)→千葉県産はまぐり ・ハンバーグ(北海道十勝産素材使用)→北海道十勝ハンバーグ ・豚骨ラーメン(肉野菜増し増し)→肉野菜増し増

スキ
1

感覚に頼らせないマニュアルはこれから飲食店の土台

非属人化。人に依存しない業態づくり。 取り組んでいるお店が多くなっていますね。 その時に重要になってくるのがマニュアルだと思います。   マニュアルと聞くと毛嫌いする方もいらっしゃると思いますが 要は使い方だと思います。   マニュアルに束縛されるのではなくて、 マニュアルを活かすルールづくり。 マニュアルは土台。   土台があるからこそ、安定したサービスや調理ができる。   そう考えるといかがでしょうか。 そして、その土台といえるマニュアル。 作成に迷う事あると思いますので

スキ
1