明らかに事実を見る

『がっかりした感覚こそ、始まりの合図』 未処理の感情に気づけば、問題は8割解決するブログから

『未処理の感情に気づけば、問題の8割は解決する』と『ひよこ豆(娘と息子に伝えたいこと、面と向かってはなかなか伝えられないこと)』は だいたい毎週金曜日に交互に更新します。
今週の事例は『がっかりした感覚こそ、始まりの合図』です。

スキ
1

体育祭のお弁当に想うこと

幼稚園から始まった体育祭お弁当も、いよいよ来年でおしまいか…。 初めての運動会は、両家の祖父母に始まり、おばやおじもみーんな一緒で、 それはそれは盛大なお弁当タイムだったんだよ。母も前日から張り切って作ったし、両家のばぁちゃん達もそれぞれが得意なものを作って持ってきてくれた。 それがだんだんと時が流れるごとに、 母の母が亡くなり、年老いていく祖父母は遠方から足を運ぶのが大変になった。 長女のあなたが中学生になると、当然だけど友達と食べるようになったから、家族分の運動会弁当

スキ
11

「子どもの努力」と「大人の努力」は違うんだよ

努力と言ってもいろいろある。 これから大人になるあなたたちには、 子どもの努力と大人の努力には違いがあることを知っておいてほしい。 まず、子どもと大人を知識や身体の成長率で比較してみよう。 子どもは知識も身体も今から伸びてゆく時で可能性が無限だけど、 大人は子どもの伸び率と比べると飛躍的な成長は見込めない。 じゃぁ、目標達成までに要する時間はどうだろう? 子どもの頃の目標は「次のテストで100点をとる!」とか「運動会で1位をとる!」といったすぐに結果が出る目標が多いけど、

スキ
10