振動工学

N自由度系の振動のまとめ

N自由度系の振動のまとめ

N自由度系の連成振動についてのまとめです。 基本的には手計算では解くことは困難ですが、まずは運動方程式を作れるようになりましょう。 下記記事で解説しています。 また、下記動画でも運動方程式の作り方を解説しています。 一般解の形については、固有振動モードの重ね合わせで表現できることがポイントです。 実際に運動方程式を解いて、一般解を求めることもできますので、下記の記事・動画を参考にしてください。 漸化式を解くような形で、連成振動の運動方程式は解くことができます。

物理数学の世界 #13 〜2自由度系の振動〜
+4

物理数学の世界 #13 〜2自由度系の振動〜

物理数学の世界。始まります! 前回は機械工学で必須の4力学(熱力学・材料力学・流体力学・機械力学)のひとつである「機械力学」の主なテーマ(振動)を扱うために、初歩の1自由度系の振動について話を進めました。 今回は少しレベルアップして、2自由度系の振動について話を進めます。以前に掲載した「行列」の知識を使いますので、行列の使い道を知るキッカケにしていただければと思います。 整理したノートを公開 実際にノートにまとめてみました。今回は2自由度系ということで、求めるべき変数(

スキ
39
動画を投稿しました。
粘弾性と損失係数、減衰振動の関係性を解説しています。
あわせて複素弾性率についても説明していますので、
粘弾性などが苦手な方は是非参考にしていただければと思います。
https://youtu.be/e9lZNJybYpY

動画を投稿しました。 粘弾性と損失係数、減衰振動の関係性を解説しています。 あわせて複素弾性率についても説明していますので、 粘弾性などが苦手な方は是非参考にしていただければと思います。 https://youtu.be/e9lZNJybYpY

動画投稿しました。

結構混乱しやすい減衰の表記の仕方についてまとめています。
減衰が苦手な方は是非頭の整理に活用してください。
https://youtu.be/NfIUUEfapWU

動画投稿しました。 結構混乱しやすい減衰の表記の仕方についてまとめています。 減衰が苦手な方は是非頭の整理に活用してください。 https://youtu.be/NfIUUEfapWU

2自由度の振動で取り扱うモデル

2自由度の振動で取り扱うモデル

2自由度の振動で取り扱うモデルについて解説します。 2自由度の振動でよく扱うモデルは動吸振器型と連成振動の2つです。 おおまかに全体像を下記の動画で紹介していますので参考にしてください。 ①動吸振器型 動吸振器はマスダンパーとも呼ばれるタイプのもので、1自由度の振動系にもう一つの質点を加えることで、 追加した質点が振動を吸収するような状態になります。 詳細は下記の記事、動画を参考にしていただければと思います。 ②連成振動 連成振動は質点の両側を固定しているモデ

昨日動画投稿しました!

モード解析法での強制振動について解説しています。

https://youtu.be/5ARtn6Yc1zo

モード解析法でも強制振動を扱えることを示していますので、モード解析法が苦手な方は是非参考にしていただければと思います。

昨日動画投稿しました! モード解析法での強制振動について解説しています。 https://youtu.be/5ARtn6Yc1zo モード解析法でも強制振動を扱えることを示していますので、モード解析法が苦手な方は是非参考にしていただければと思います。

少し間が空いてしまいましたが、動画を投稿しました。

結構長い動画なので、収録、編集がかなり大変でした…。

是非モード解析法についてわからない方は参考にしてくださいね。

https://youtu.be/0_SJNzmXnBQ

少し間が空いてしまいましたが、動画を投稿しました。 結構長い動画なので、収録、編集がかなり大変でした…。 是非モード解析法についてわからない方は参考にしてくださいね。 https://youtu.be/0_SJNzmXnBQ

045 固有振動数成分除去法を用いた残留振動制御に関する研究
+1

045 固有振動数成分除去法を用いた残留振動制御に関する研究

【私の研究はこんな感じ】  本研究では、計測機器が不要なオープンループ制御による天井走行クレーンの残留振動の抑制を目指して、固有振動数成分除去法による台車軌道の設計法を提案している。固有振動数成分除去法は、線形不減衰系に対して有限時間作用する外力が系の固有振動数の成分を持たなければ残留振動が発生しない、という性質に基づいたものである。本研究では非線形性や減衰の影響を線形不減衰系にかかる外力(みなし外力)と捉え、みなし外力から固有振動数成分を除去することによって上の性質を非

スキ
2
振動のエネルギーについて(単振動・減衰振動・強制振動・散逸関数)

振動のエネルギーについて(単振動・減衰振動・強制振動・散逸関数)

振動の挙動を記述する方法の一つとして、エネルギーの観点から運動を考える方法があります。 振動のエネルギーについてわかりやすく解説した記事と動画を紹介いたします。 下記は単振動と減衰振動のエネルギーについて解説したブログ記事です。 単振動のエネルギーについての解説動画は下記です。 力学的エネルギーと弾性エネルギーを考えると、質量、周波数、加速度に関係することが理解できると思います。 減衰振動のエネルギーについての解説動画です。 散逸関数は減衰によってエネルギーが消失

振動工学のブログを投稿しました。今回は連続体の横振動の一般解についてです。4次の高階微分方程式が出てきますが、簡単に解けますので、見た目に騙されないようにサクッと解いていきましょう。
https://deltapower.site/2021/07/15/vibration-wave-beam-general-solution/

振動工学のブログを投稿しました。今回は連続体の横振動の一般解についてです。4次の高階微分方程式が出てきますが、簡単に解けますので、見た目に騙されないようにサクッと解いていきましょう。 https://deltapower.site/2021/07/15/vibration-wave-beam-general-solution/