平原遺跡

【300字旅エッセイ】糸島編~平原遺跡~【いことりっぷ】

【300字旅エッセイ】糸島編~平原遺跡~【いことりっぷ】

祖父を偲ぶ旅だったはずだが、終わりの地となったのは平原遺跡。 伊都国歴史博物館から始まった糸島旅行は、意図せずに伊都国で始まり伊都国で終わることと相成った。 イトだけに。 くだらない話はさておき、その伊都国があったとされる場所に立って抱いた想いは「寂しさ」だった。 公園として整備された外は普通の住宅地。 その公園は青々とした草が生い茂り、その中にぽつんと墳墓が佇んでいる(弥生時代のもののため「古墳」とは称さない) わたしが初日パズルで大はしゃぎしたあの大鏡が出土した墳

スキ
2
「平原遺跡、コスモスの季節」

「平原遺跡、コスモスの季節」

今年の秋もまたコスモスがいっぱい咲いているよ!こちら、平原遺跡(平原歴史公園)♪  毎日のお散歩コース🐕🛹 私はこの頃いつも夕方に。Pokémon GOも欠かせない(笑)! ちなみに去年もnoteに載せていたね(笑)! この季節はコスモスを見に来る観光客が多くて、車も珍しく何十台と停まっている。普段は地元民ともたまにお散歩ですれ違うぐらいなのに😝!! 皆も機会があれば、是非♪ プラーナ(Yogaでいう気・エネルギー・空気)がとても気持ち良い場所の一つだから。 さて。

スキ
31
「平原遺跡、そしてコスモス」

「平原遺跡、そしてコスモス」

国内最大の銅鏡が出土し、弥生時代後期の女王の墓とも推定される平原遺跡(平原王墓)。もっと詳しく知りたい方は、検索してみて! 今年の秋もまたコスモスが咲き始め、気持ちのいい季節の到来。 悠久の歴史。伊都国に、思いを馳せつつ… 毎日のお散歩コース、平原歴史公園。今日の愛娘(犬)ココロと私、旦那様が撮影。 「この大女王を葬った木棺は、東南方の日向(ひなた)峠の方角に正確に合わせ、股間をそちらに向けてあった。こうなると、日向峠から昇る太陽の光芒は彼女の股間に射しこむことになる

スキ
21
百物語47話目「皆既日食と銅鏡」(実話怪談)

百物語47話目「皆既日食と銅鏡」(実話怪談)

覚えているだろうか? 数年前、皆既日食が日本でも見ることができるというので、大変なフィーバーとなった。 なんとそのとき、私は上海にまで一家で皆既日食を見に行ったのだ。 当日は朝から大雨だったので、そのものは残念ながら見られなかった。ただ、あっという間に山の向こうから夜がきて、雲の隙間から星が輝くさまは見ることができたのだ。 急激な温度低下、逆巻く冷たい風。 太陽が隠れるんだから、気象条件としては当然っちゃあ、当然の成り行き。気象予報の学校に行ってた身としても納得の変

スキ
7