小木曽ヨシナリ

達成感って何だ!?

自分で自分にフタをして、他人の評価、どう見られているかを気にしていた。単純に『劣等感』

こいつには随分と苦労させられる。

怒り、悲しみ、憎しみの連鎖からは何も生まれないとわかっていながらも、解ろうとする気がなかった。他人に興味を持つと羨ましくて嫉妬してしまうからだ。

誰かが持っているモノが欲しい。人の彼女は可愛く見える。使えないぐらいの金を手にしたみたい。

エグく醜い考えが時おり頭をよぎる

もっとみる

俺と師匠の情熱seitai life 始まりの始まり 7

「ヨシナリ東京に来い」

何通かのメールのやり取りの後、先生が言った。

「施術と人生の改造を手伝いたいと思っている。僕に一年、時間を預けてみないか?」

『東京』

20年前に音楽で喰うために上京し、コテンパンにやられ心も体もボロボロになった街。

行きます!と返信した後、ガタつく足をひっぱたき、頬も数回ひっぱたいた。ここで変わらなきゃいつ変わるんだ。もうチャンスはないかもしれない。

レジのお

もっとみる

俺と師匠の情熱seitai life 始まりの始まり 6

毎日DVDを観ては施術を繰り返す日々が続いた。

先生の技術はとても簡単そうにみえる。ところがとても難しい。力の入れ加減。コンタクトしているポイントがわかるようで、とてもわかりづらいのだ。それはそうだ。先生が1人で考えて、何年もかけて作り上げた技術の集大成を簡単にできるようになるわけはない。

それでも毎日仕事が楽しくなったことへのお礼だけは伝えたい。何回も観てるうちに、きっと俺みたいなドン底で、

もっとみる

俺と師匠の情熱seitai life 始まりの始まり 5

師匠の『古藤格啓』先生はオリジナルの頭蓋骨調整で何枚もDVDを出していた。調整法や概念も全く新しいものでとにかく驚いた。それ以上に驚いたのはルックス、サロン、施術環境へのこだわりだった。

そして何よりも音楽、特にROCKをとても愛する人だったのだ。施術をする時の傍らに俺が1番好きで心底憧れ、追い求めるバンド。『ニルヴァーナ 』インユーテロのジャケットと同じポスターが飾ってある。

俺は14歳から

もっとみる

俺と師匠の情熱seitai life 始まりの始まり 4

現実に向かい合い、開業もしていて自由な環境で仕事ができている状況に感謝しながらも、仕事に対するストレスは増えていく。

理解できない解剖学、俺の選んだ仕事は難しすぎるのかもしれない…。手に負えないクライアントが来るたびに本屋に本を探しに行ってみたり、ネットで本や調整法を調べたり。

俺には情報量が多すぎて何を選択していいかわからない。

そんな時に寝違いがひどくなり何ヶ月も痛みが取れず、以前一緒に

もっとみる

俺と師匠の情熱seitai life 始まりの始まり 3

どん底。

光の見えない暗い井戸の中に暮らしているような毎日だった。仕事はあるが不安を払拭するには全然足らず、毎日キリキリと追い込まれていた。

ガキの頃から楽しいことは一つも無くて、いつ死んでもいいと思っていた。死んだら全て解決すると。

でも今回は逃げるわけにはいかない!ずっと支えてくれた嫁と子供が2人もいる。無駄にデカい家もある。とにかく全部無くしたくなかった。現状は辛くてもなんとかするしか

もっとみる

俺と師匠の情熱seitai life 始まりの始まり 2

3年前。とにかく絶不調だった。

以前一緒に働いていた店の店長がお店を出したいのでお金を貸してほしいと言われた。かなり信用していてどこの店舗でも続かなかった自分に、本当に面倒みてもらったのもあり、「この人の為なら」と自分の利益も含めて軽い気持ちで300万貸した。

ところが全然貸した金が回収できない。痺れを切らして問い詰めると闇金にまで金を借りていて俺に返す金がないという。貸した金は前々からあった

もっとみる

俺と師匠の情熱seitai life 始まりの始まり 1

俺は整体師 小木曽ヨシナリ 42歳。

名古屋で開業(愛知県知立市)9年目。何故か整体師歴も9年。

『まぁね…。』

よくいる、何でも中途半端な奴だと思う。

だけどそこら辺の整体師と違う所が沢山ある。

技術と知識がとても沢山必要な仕事だ。俺は全くそこを度外視してきた。そんな時にどうしようも無くなって2年前に出会ったのが師匠。

とにかく違う。そこら辺のみんながイメージする整体師とは圧倒的に違

もっとみる

俺と師匠の情熱seitai life season2 全身関節編 1

全身関節セミナーは8月の末から始まった。子供達が夏休みの宿題に追われまくり、親に泣きついている頃だろう。

前日のセミナーで先生に泊まり先の電車の乗り方を教えてもらい一泊した。月2日間のTokyo seitai lifeでは電車や路線が不可欠だ。初めて降りる駅、町は新鮮なもので溢れている。

特に東京は町ごとにキャラやジャンルが違う。増えすぎた音楽のジャンルやカテゴライズに似ている。ROCKはRO

もっとみる

俺と師匠の 情熱 seitai life 1

たぶん俺はけっこうズレている。

一般常識、教養、学歴、人生経験などなど。

俺は「小木曽ヨシナリ」

名古屋で整体師をしながら音楽に没頭していた。開業して7年目の頃。

30歳から続けていたバンド活動。本当は音楽で食っていけたら最高だった。結局メンバーが俺から離れ解散。理由は趣味にしておきたいとのこと。

2018年 4月 もうすぐ40歳になる手前。

とにかく金が必要だった。35万以下の売上で

もっとみる