大久保清彦

実践!紙からデジタルに移行して実感したこと。静岡の住宅メーカーさんとの取り組み実例…

 MADUROのクライアントで納得住宅工房という静岡の住宅メーカーさんがおります。今回はこの納得住宅工房さんがデジタルシフトして、時代のニーズに合致して、受注、売上を伸ばして、さらにお客さまを大満足していただくまでを実現した実例を数回に渡ってお話しをしていきます。  この納得住宅工房さ…

実践!紙からデジタルにシフトして実感したこと 原価削減!コスト編

 前回、前々回と雑誌の紙からデジタルにシフトして実感した広告面、編集面の効率化について連載をしてきました。主にコンテンツのデジタルシフトの実践を書いてきましたが、今回はよりリアルに実感できるデジタルシフトでの製造原価を下げることを主題にお話をいたします。  雑誌の制作現場サイドの…

実践!紙からデジタルにシフトして実感したこと。雑誌編集編

 前回は紙メディアのデジタルシフト化の雑誌広告編の話をしましたが、月刊雑誌の隔月刊化を実行しデジタルのオンラインにシフトすることで、広告面の収益が大幅に改善されただけでなく、編集面でも大きくコンテンツが改善されました。毎月、紙を刊行していた紙ベースの時は、紙の記事コンテンツをオン…

実践!紙からデジタルにシフトして実感したこと。雑誌広告編

 この春から弊社で毎月刊行していた雑誌、MADUROとソトコトを春から隔月刊にして紙の刊行形態を半分に減らしました。どこかで思い切って覚悟を決めて、デジタルシフトに踏み込まないと!と一大決心をし、不退転の覚悟で臨みました。その分オンラインのオリジナル記事を2倍に増やしました。隔月刊にす…

【開催レポート】第1回「鈴木康弘のデジタルシフト塾〜変革者を育てる実践講座〜」

 第1回「鈴木康弘のデジタルシフト塾〜変革者を育てる実践講座〜」を2020年3月26日(木)に開催しました。今回は、コロナ感染症拡大の影響により、オンライのみでの開催となりました。  今回は、「迫りくるデジタルシフトの波~鈴木康弘塾長を掘り起こす~」と題し、第一部はデジタルシフト講座とし…

第5回 編集力に必要なのは、スペシャリストでも、ゼネラリストでもありません!

鈴木社長が提唱する「専門特化のT型人材から領域を超えるTT型人材へ」は編集チーム力においても最重要!(大久保)  これからの編集力は、アナログメディアの人とデジタル領域の人がチームを組んでチーム力を高めることが重要で、お互い自分たちのやっていることを一旦自己否定し、お互いの領域を理…

【開催案内】5/21(木)第3回オンラインサロンのお知らせ

オンラインサロン「デジタルシフト塾~変革者を育てる実践講座~」は、デジタルシフトの第一線で活躍するマーケターや実業家、実際にデジタルシフトで新たなステージに自社を導いた経営者を招き、皆で学ぶ実践の場です。 5/21(木)開催の第3回は、世界的経済誌Forbesの日本版Forbes JAPANの編集長とW…

第4回 領域を超えて編集チーム力を発揮するため、まず自己否定から始めてみよう

アナログとデジタル、双方の自己否定なくして、 編集チーム力をあげるのは難しい(大久保)  メディア文脈において、雑誌などのアナログチームとオンラインのデジタルチームがチームワークを組んで編集力を発揮していくために、踏まねばならないステップが1つあります。それは、自己否定です。アナロ…

第3回  「編集力」の要となる 「チーム力」とは!?

紙の取材力×デジタルの発信力! リソースが足りない部分を補って「チーム力」を強化することが重要! 今こそ、鈴木社長が提唱する「デジタルオープンイノベーション」を! (大久保)  雑誌は一般的に編集部だけでなく、外部のスタッフでチームを組成して、毎回コンテンツを作っています。ファッシ…

第2回 なぜデジタルシフトの時代に「編集力」が必要なのか?(後編)

 Facebook、InstagramなどのSNS、キュレーションメディアやニュース配信メディアからオウンドメディアまで、デジタルメディアで個人、企業、組織、学校、地域・・・誰もが情報発信できる時代になったのは周知の事実。そんな時代にそれぞれが、「伝えたいコト、モノ」「伝えなければいけないコト、モノ…