夕飯の匂い

早く上がれた月曜日
3つ手前の駅で降りてみる
少しだけ涼を感じられる夕方散歩

このお家はカレーか
このお家は中華だ
このお家は、、、

ご飯が何杯あっても足りないw

人間、なぜこう言う風景にノスタルジーを感じるのだろう。

早く上がれた月曜日 3つ手前の駅で降りてみる 少しだけ涼を感じられる夕方散歩 このお家はカレーか このお家は中華だ このお家は、、、 ご飯が何杯あっても足りないw 人間、なぜこう言う風景にノスタルジーを感じるのだろう。

スキ
56
今週のまんまみーあ(7/13-19)

今週のまんまみーあ(7/13-19)

私の記憶のために、今週から家ご飯をできるだけ記録しておこうと思う。 料理当番を決め、私が作ることもあるが、ほとんどは料理がうまい母の味だ。 つまり「まんま(母の、ご飯)みーあ(わたしの)」=「私の母のご飯」だ。Oh my God!なご飯の数々。世界一最高で、ここでしか食べられない最高の料理人の料理をご覧ください。 日々の暮らしのなにげないごはんだけど、いつか大切な記録になるでしょう。 7月13日(月)晩ご飯 マグロとサーモンの漬け丼、イワシの酢漬け、玉ねぎの味噌汁 母

スキ
4
008街の匂いを嗅ぐという話

008街の匂いを嗅ぐという話

匂いは深く人の記憶と結びつき、心を揺り動かす効果があるらしい。 先日、緊急事態宣言もあけ、久々に仕事で街に出た。私も含め、人々は皆マスクをつけ、言葉少なに歩いている。 マスクの種類も様々で、市販のもの、手作りのもの、生地の違うもの、色の違うもの様々だ。ただ一つ同じことは、みんな少し息苦しそうに、窮屈そうにしているということだ。 野外で、他の人と離れている場合はマスクを外しても問題ないそうなのだが、やはりみんな不安で、お守りのようにつけている。私もそうだ。 だけどたまに息

スキ
3