原体験ワーク

原体験ジャーニーで見つけた自分✈︎

本日、ブロードマインド株式会社さん主催の
原体験×ライフプランニングで過去と未来から創る自分の就活軸ワークセッションに参加させていただきました!

この会は、
参加者同士での原体験ジャーニー(後述) をし、自分のライフプランニングから”働く”を考えるイベントです。

ファシリテーターは、
原体験ドリブンという本の著書で有名なチカイケさん

そして、ブロードマインド株式会社 人事総務部 採用チーフの

もっとみる
Thanks😊♪
7

初めての原体験ワークを終えて、心から溢れるものたちと。

今日の定例チームミーティングで、私が尊敬する女性の退職がチーム内にも共有されました。彼女からの挨拶を聞き、改めて採用のプロフェッショナルとしての意識の高さに尊敬の念を抱くとともに、厳しさと愛を兼ね備えた人が身近から居なくなってしまう寂しさに襲われ、私は司会進行役にも関わらず泣きそうになりミュートにしました。

ミーティング後に、「私の挨拶(発言に)問題なかった?」と確認(笑)。「大丈夫です!でも(

もっとみる
いつもありがとう!(小吉)
21

育休を通して、優秀であるよりもパワフルでいたいと思うようになった

2019年、振り返ると、やっと体験したかったことが体験できた一年でした。
その一つは、4カ月ばかりほどの育児休業でした。

三人目になって、初めて、育児休業を取得しました。去年末から今年の春まで、ですね。
妻の早期復帰の支援のため、また、子どもとの時間を大切にするため、に休業することにしました。
ただ、もうひとつ、大きな理由を挙げておくと、『平日=1つの会社、とは違うライフスタイルの体感を通して、

もっとみる

道の話 ~安心とワクワク~

この絵は、前に進むときの情景か?
あるいは、後ろを振り返ったときの情景か?
(対話型鑑賞みたい・・・)

ちなみに、この絵は遊びで描いてみました。

~はじめに~

前回の記事では、サラリーマンのお父さんたちにとっての<放課後>、<間>があることで、心理的なゆとりが生まれる可能性についてお話した。

心理的なゆとりは、家庭にとって大切である。
個人的な体験にはなるが、仕事で行き詰っていて逃げ場を感

もっとみる

原体験ワークを通じて vol.2

はじめに

前回に引き続き、実施いただいた自分自身の原体験ワークについて。。
こちらは前回もご紹介した松澤さん企画の原体験テレビの一環でもあり、インタビューの様子はYouTubeでも観れるのでご覧いただければと思います。

原体験ワークを個人で実施することで、思考を巡らせ、原体験に辿り着くことは、もちろん可能です。ただ、原体験ワークでは自分自身の無意識に気づくことが大切だと考えます。
自問自答では

もっとみる
よろしければシェアもお願いします!
10

原体験ワークを通じて vol.1

はじめに

原体験という言葉をご存知でしょうか?
東京ブランディング大学校で原体験ワークに触れてから、自分自身と向き合うことが増えてきた今日この頃です。
ここ数ヶ月、原体験ワークを実施したり、していただいたり、自分自身や他の方の原体験に触れることが多かったので記していきたいと思います。
シリーズで紹介していく予定です。
今回は、私が松澤さんに実施いただいた原体験ワークについて。。

まずは原体験と

もっとみる
よろしければシェアもお願いします!
13